市指定 重要無形民俗文化財

曽根崎の獅子舞(そねざきのししまい)

 曽根崎の獅子舞

曽根崎の獅子舞

【所在地】 鳥栖市曽根崎町(曽根崎老松神社)
【指定日】 昭和62年6月13日

 元禄8年(1695)の曽根崎老松神社再建を記念して、その翌年から始められたと伝えられています。
 江戸時代には曽根崎老松神社が基肄郡下郷の惣社であったことから、神辺・萱方・古賀・曽根崎・水屋・赤川村や田代の5つの町などで、行列浮立も含めた神幸祭として執り行われていました。
 その後、奉納する村々の変動、あるいは幾度かの中断があり、明治20〜40年代以降は、曽根崎・酒井西・酒井東だけで御神幸、田代の5つの町から旗が奉納されていました。
 現在の形になったのは昭和58年に復興してからのことです。 
 曽根崎の獅子舞は、基肄養父地域で伝えられてきた前・後獅子役の2人が一体となって演舞する“伎楽系の獅子舞”です。
 鉦・太鼓の伴奏によって演じられる獅子舞と道囃子からなり、獅子舞は、雄獅子・雌獅子・つり合い獅子の構成と順序で演舞されます。雄・雌獅子とも前獅子役と後獅子役があり、童子の獅子つりにつられるようにして演舞します。
 獅子舞は、曽根崎老松神社の神幸祭として、土地の悪霊を鎮め、人々を浄め、豊作を祈願する貴重な民俗芸能です。  毎年3月末の日曜日に奉納されます。

 

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市教育委員会事務局 生涯学習課 文化財係
電話番号 0942-85-3695 ファックス番号 0942-83-0042
e-Mail syogai@city.tosu.lg.jp
更新日:2016/8/10