国史跡

田代太田古墳(たしろおおたこふん)

 田代太田古墳

田代太田古墳石室奥壁壁画

 田代太田古墳奥壁装飾模写

田代太田古墳石室奥壁壁画(模写)

【所在地】 鳥栖市田代本町太田
【指定日】 大正15年11月4日

 

 古墳時代後期(約1,450年前)に築造された径約42mの大型古墳です。彩色壁画系装飾古墳として早くから知られており、大正15年(1926)に国の史跡に指定されています。
 2段に築かれた墳丘は、高さが現状で約6mあります。主体部は全長約9mの横穴式石室で、入口は南に開口しています。前室、中室、後室の3室からなる珍しい構造をしており、とくに中室と後室の天井部分はドーム状に石材が持ち送られています。後室の高さは約3mあります。被葬者を安置するスペース(屍床)は後室に3体分、中室に2体分が設けられています。
 装飾文様は後室奥壁と後室、中室の間の張り出した石(袖石)の手前部分と中室右側の壁に描かれています。壁画の彩色は、赤・黒・緑の3色の顔料に、石室の材料である風化した花崗岩の黄色い岩肌を加えた4色の効果を用いて描かれています。赤色顔料はベンガラ、黒色顔料は炭化物、緑色顔料は海緑石を使用しています。

とすの文化財解説シート ダウンロード(PDF:2.28MB)

 

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市教育委員会事務局 生涯学習課 文化財係
電話番号 0942-85-3695 ファックス番号 0942-83-0042
e-Mail syogai@city.tosu.lg.jp
更新日:2016/8/10