家庭ごみの出し方・分け方

ここでは家庭から出るごみの分別を説明しています。事業所から出るごみの出し方はこちらです。→事業所ごみの出し方

荒天時等のごみの収集状況についてお知らせしております。ごみの収集情報はこちら

市では、家庭ごみをもやせるごみ、資源物、金物・われものごみ、粗大ごみに分別して収集しています。ごみ減量やリサイクルにご協力ください。

「鳥栖市のごみ・資源物の出し方」パンフレット

英語版「鳥栖市のごみ・資源物の出し方」パンフレットHome-Edition Disposal of garbage and natural resources


各地区のごみの収集日は「ごみ収集日(ごみカレンダー)」をご覧ください。


具体的なごみの分別は、「ごみ分別表(50音順)」をご覧ください。

スマートフォンやタブレットなどでごみの収集日やごみ分別を確認できます。→ごみ分別アプリ「鳥栖市ゴミチェッカー」をご利用ください。

家庭ごみの分け方・出し方
分別品目 出し方 収集回数 出す場所

もやせるごみ

指定袋

週2回

もやせるごみステーション

資源物

スチール缶

コンテナに入れる

町の指定場所では月1〜2回、衛生処理場資源物広場では平日・土曜日

町の指定場所・衛生処理場資源物広場

アルミ缶

スプレー缶

ペットボトル

一升ビン

ビールビン

無色ビン

茶色ビン

その他の色のビン

廃食用油

ペットボトル等に詰めて、コンテナに入れる

蛍光管・電球・乾電池・水銀体温計

透明な袋等に入れて、コンテナに入れる

新聞紙

ヒモで結んで下さい

衛生処理場資源物広場で平日・土曜日

衛生処理場資源物広場

雑誌類

段ボール

牛乳パック

洗った後に開いて下さい

白色トレイ

古着

容器包装プラスチック

金物ごみ

指定袋

町の指定場所では月1〜2回、衛生処理場資源物広場では平日・土曜日

町の指定場所・衛生処理場資源物広場

われものごみ

粗大ごみ

予約制

月1回

自宅前

※引っ越しなどで一時的に大量にごみが出る場合は、臨時収集をご利用下さい。

市で処理できないごみがありますのでご注意下さい。



もやせるごみ

出せるもの 出し方
・生ごみ、台所のごみ、野菜くず、貝がらなど
・紙くず類(使用済みのティッシュ・紙おむつ(汚物は取り除く)等
・木くず類、小枝、落ち葉、草花など
・革・ビニール製品(かばん、くつ等)
・ゴム類(ゴム手袋、ホースなど)
・布製品 ぬいぐるみ・ハンカチなど
・プラスチック製品類(CD、洗面器、おもちゃ、歯ブラシ、白色トレイ、容器包装プラスチックなど)

台所ごみゴム製品プラスチック製品

 

 

・鳥栖市指定のもやせるごみ用の袋に入れて、もやせるごみの日の朝8時までに出して下さい。
注意:鳥栖市指定袋以外の袋(レジ袋や鳥栖市以外の市町村のごみ袋)で出された場合は、回収できません。
・もやせるごみの収集場所は、各町区が管理しています。詳しい収集場所については、ご近所の方か、環境対策課(電話:0942−85−3561)までお問い合わせください。
・もやせるごみ用の袋は、鳥栖市内のスーパー、商店、コンビニなどで販売しています。
・袋の口はしっかりと結んで下さい。袋からはみ出すごみについては、「粗大ごみ」として出して下さい。
・中身を黒い袋などで隠さないでください。
・もやせるごみの収集は大型連休やお盆の期間中も行っております。(休みは年末年始のみ)

ごみ袋

価格 サイズ
もやせるごみ用袋(大) 420円/10枚入り 65cm×80cm
もやせるごみ用袋(小)

250円/10枚入り

45cm×65cm

資源物

出せるもの 出し方

スチール缶

清涼飲料水、のり缶など主に食料品の缶

スチール缶スチールマーク

・中身をきれいに洗って、つぶさずに青のコンテナに出して下さい。
・本体と分離するフタやキャップは「金物ごみ」として出してください。
アルミ缶

清涼飲料水、缶詰の缶など主に食料品の缶

アルミ缶アルミマーク

・中身をきれいに洗って、つぶさずに青のコンテナに出して下さい
・本体と分離するフタやキャップは「金物ごみ」として出して下さい。
スプレー缶

整髪料、カセットボンベ等

スプレー缶

・中身を必ず使い切ってください。穴はあけなくてもよいです。
ペットボトル(色付きも可)

清涼飲料水、しょうゆ等

ペットボトル

・中身をきれいに洗って、つぶさずに出して下さい。フタとラベルは容器包装プラスチックで出すか、もやせるごみで出して下さい。
一升ビン

一升ビン

・中身をきれいに洗って下さい。紙製のラベルははがさなくて結構です。
ビールビン

ビールビン

・中身をきれいに洗ってください。紙製のラベルははがさなくて結構です。
無色ビン

無色ビン

・中身をきれいに洗ってください。紙製のラベルははがさなくて結構です。
・プラスチック製のラベルははがして下さい。
茶色ビン

茶色ビン

・中身をきれいに洗ってください。紙製のラベルははがさなくて結構です。
・プラスチック製のラベルははがして下さい。
その他の色のビン

その他の色のビン

・中身をきれいに洗ってください。紙製のラベルははがさなくて結構です。
・プラスチック製のラベルははがして下さい。
廃食用油

天ぷら油、サラダ油など

廃食用油

・ペットボトルに入れて、きちんとフタをしめてください。ビンには入れないで下さい。
・未使用のものはそのまま出して頂いて結構です。
蛍光管・電球・乾電池・水銀体温計

蛍光管電球乾電池

・透明の袋に入れて下さい。蛍光管は購入時の紙箱に入れて下さい。
・蛍光管以外の部分(照明器具等)は、金物用の指定袋に入れて、金物ごみとして出して下さい。
事業所から出た蛍光管は回収できませんので、産業廃棄物として処理して下さい。
※処理業者の問い合わせは県循環型社会推進課(電話0952-25-7078)か市環境対策課(電話0942-85-3561)までお尋ねください。
新聞紙・チラシ

新聞紙

・ひもで結んで下さい。
・スーパーマーケットや資源回収業者の店頭回収もご利用ください。
・また、老人会や子どもクラブが回収している場合もあります。詳しくは区長などにお尋ねください。
雑誌類

本、カタログ、お菓子やティッシュの箱など

雑誌類

・ひもで結んで下さい。ビニール製のカバーなどは取り除き、「もやせるごみ」として出して下さい。
・また、スーパーマーケットや資源回収業者の店頭回収もご利用ください。・また、老人会や子どもクラブが回収している場合もあります。詳しくは区長などにお尋ねください。
段ボール

ダンボール

・たたんでからひもで結んで下さい。
・また、スーパーマーケットや資源回収業者の店頭回収もご利用ください。
・また、老人会や子どもクラブが回収している場合もあります。詳しくは区長などにお尋ねください。
牛乳パック

牛乳パック

・洗ったあとに開いて下さい。内側がアルミ貼りのものは「もやせるごみ」として出して下さい。
・また、スーパーマーケットや資源回収業者の店頭回収もご利用ください。
・また、老人会や子どもクラブが回収している場合もあります。詳しくは区長などにお尋ねください。
白色トレイ

魚や肉を包装している白色のトレイです。

白色トレイ容器包装マーク

・色付きトレイは「容器包装プラスチック」として出して下さい。
・汚れがとれないものは「もやせるごみ」として出して下さい。
・また、スーパーマーケットや資源回収業者の店頭回収もご利用ください。
・発泡スチロールは回収しておりません。もやせるごみで出して下さい。
古着

古着

・革製品や綿入りのもの、下着などは「もやせるごみ」として出して下さい。
・スーパーマーケットや資源回収業者の店頭回収もご利用ください。
容器包装プラスチック

お菓子の袋、卵パック、色つきトレイ、レジ袋、カップラーメンの容器、ペットボトルのラベルやフタ等

卵パックペットボトルキャップ容器包装マーク

・商品を入れたり包んだりする容器のことで、製品そのものや汚れが取れないもの、商品の付属品や発泡スチロールなどは「もやせるごみ」として出して下さい。
・また、スーパーマーケットや資源回収業者の店頭回収もご利用ください。
・発泡スチロールは回収しておりません。もやせるごみで出して下さい。

金物ごみ

出せるもの 出し方

金属製の鍋、ライター、包丁、カミソリ、缶詰のフタ、炊飯器、油の入っていた缶、ポットなど

鍋炊飯器包丁

・資源物として出すことのできない金物ごみ・われものごみについては、それぞれ指定の袋に入れて下さい。
・金物ごみ及びわれものごみ用の袋は、鳥栖市内のスーパー、商店、コンビニなどで販売しています。
・袋の口は結んで下さい。袋からはみ出すごみは、「粗大ごみ」として出して下さい。
・中身を黒い袋などで隠さないで下さい。
・ライターは中のガスを完全に抜いて出して下さい。抜き方はこちら(一般社団法人 日本喫煙具協会)をご覧ください。
・包丁や割れたビン等、けがのおそれのあるものは新聞紙などで包んでください。

金物用ごみ袋

価格 サイズ
金物用袋(大) 210円/5枚入り 50cm×80cm
金物用袋(小) 125円/5枚入り 50cm×60cm

われものごみ

出せるもの 出し方

陶器類、ガラス製品、鏡など

茶碗ガラス製品鏡

・資源物として出すことのできない金物ごみ・われものごみについては、それぞれ指定の袋に入れて下さい。・金物ごみ及びわれものごみ用の袋は、鳥栖市内のスーパー、商店、コンビニなどで販売しています。
・袋の口は結んで下さい。袋からはみ出すごみは、「粗大ごみ」として出して下さい。
・中身を黒い袋などで隠さないで下さい。
・包丁や割れたビン等、けがのおそれのあるものは新聞紙などで包んでください。

われもの用袋

価格 サイズ
われもの用袋(大) 210円/5枚入り 50cm×80cm
われもの用袋(小) 125円/5枚入り 50cm×60cm

粗大ごみ

出せるもの 出し方

市指定袋に入らないごみ

自転車家具電子レンジ

「収集業者へ依頼」または「鳥栖・三養基西部リサイクルプラザへ直接搬入」して下さい。
1.収集業者へ依頼する場合
・粗大ごみの収集日をごみ収集日(ごみカレンダー)粗大ごみの収集日一覧で確認する。
・収集日の7日前までに(有)鳥栖環境開発綜合センターに電話で予約をする。
(電話0942−83−4364)受付時間 月〜金 午前9時から午後4時まで ※土日祝日・年末年始は休み
・スーパーマーケットやコンビニ等で粗大ごみシール(1枚510円)を購入し、ごみ1点(1品目)につき1枚ずつ貼る。
※同種類の粗大ごみを梱包し、容積が1立方メートル未満かつ重量が40kg以下のものは1枚で可
・収集日の朝8時までに家の前に出す。
引っ越しなどで大量にごみが出る場合は、臨時収集をご利用ください。
2.鳥栖・三養基西部リサイクルプラザへ直接搬入する場合は、下記をご覧ください。

鳥栖・三養基西部リサイクルプラザへの直接搬入

持ち込むことができるもの 持ち込み時のルール

生ごみを除く可燃物(プラスチック類や革製品等)、資源物、粗大ごみ

直接持ち込むことができないものもあります。詳しくは鳥栖・三養基西部リサイクルプラザのホームページでご確認ください。

家具ゴム製品剪定枝

・住所:三養基郡みやき町大字蓑原4432
・電話:0942−94−9313
受付時間
曜日 午前 午後
月曜から金曜 8:30〜12:00 13:00〜16:30
土曜第3日曜 8:30〜12:00 休み
※年末年始・祝日は休み
料金
料金
家庭ごみ 100kgまで300円、50kg増すごとに200円追加
事業系一般廃棄物 100kgまで1,500円、50kg増すごとに800円追加
※搬入時の注意
指定袋に入れる必要はありません。
剪定枝や木の幹に搬入基準があります。
直径の太さ 直径7cm以下 直径7cm以上40cm未満 直径40cmを超えるもの
搬入基準 長さ1m以下に切ってください 長さ50cm以下に切ってください 処理が出来ませんので、専門業者にご依頼ください。

※臨時収集について

説明 引っ越しや片づけ等で一時的に大量にごみが出る場合、戸別に収集します。
事前申し込みの先着順です。収集は平日に行います。
申し込み方法 1.電話で(有)鳥栖環境開発綜合センターに申し込む。
電話番号0942−83−4364(受付時間:平日 午前9時〜午後4時)
2.料金は2トントラック1台 7,200円です。
注意事項 ・料金を収集後に徴収しますので、必ず立会いが必要になります。
・収集には以下のような分別が必要になりますので、事前の分別をお願いします。
・分別ができていない場合は別途、分別作業費が必要となります。
分別方法

臨時収集を依頼する際には、次のように分別してください。

 

(1)粗大ごみ            

 ベッド タンス カーペット ふとん ソファ 自転車 等

 

(2)金物ごみ

 鍋 かさ 等

 

  

(3)われものごみ

 陶器類 鏡 ガラス 等

 

(4)有害ごみ

 蛍光管 電球 乾電池 血圧計 水銀体温計 マッチ

 

(5)資源ごみ

 缶類 びん類 ペットボトル 新聞 雑誌 段ボール 紙パック 白色トレイ 
 古着 廃食用油 容器包装プラスチック 等

 

(6)生ごみを除く燃やせるごみ

 生ごみとは、野菜くず、使用済みティッシュ、汚れた弁当ガラや
 割り箸等不衛生なものを指す。

 

詳しくは、鳥栖・三養基西部リサイクルプラザのホームページでご確認ください。

市で処理できないごみ

1. 家電4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)
次のいずれかの方法で処分して下さい。
 ○「業者に依頼する」:家電販売店または(有)鳥栖環境開発綜合センター(電話0942−83−4364)に「家電リサイクル料金」と「収集運搬料金」を支払い、引き取りを依頼する。
 ○「自分で処理する」:郵便局で「家電リサイクル料金」を支払い、九州メタル産業(株)鳥栖営業所リサイクルセンター(Google mapのリンク)に直接持ち込んでください。
なお、家電リサイクル料金は一般財団法人 家電製品協会のホームページで調べることができます。
2. 石・泥・砂・灰
   造園業者等に処分を依頼してください。
3. エンジンオイル・灯油・ガソリンなどの燃料
   ガソリンスタンドや自動車用品販売店等にご相談ください。
4. スクーター・バイク
   バイク販売店にご相談ください。
5. タイヤやシート、バッテリーなどの自動車の部品
   自動車用品販売店などにご相談ください。
6. 消火器
   処分の方法は消火器リサイクル推進センターのホームページをご覧ください。
   市内の処分先はこちらでご確認できます。
7. 建設廃材(瓦・スレート・ブロック・壁紙など)
   家屋の解体やリフォームで生じた建設廃材は全て産業廃棄物になります。専門業者に処分を依頼して下さい。
8. 塗料
   専門業者に処分を依頼して下さい。
9. 在宅医療廃棄物(注射針のほか、感染の恐れがあるもの)
   病院などに処分を依頼して下さい。
10.産業廃棄物
   事業所のスチール製の机・テーブルなど。また、事業活動に伴って排出するプラスチック類なども対象になります。
   事業所の方がごみを出される場合は、事業系一般廃棄物の処理についてをご覧ください。
■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 環境対策課 環境対策推進係
電話番号 0942-85-3561 ファックス番号 0942-85-2009
e-Mail kankyou@city.tosu.lg.jp

更新日:2017/6/8