祝セ・リーグ優勝 広島東洋カープ 緒方孝市監督(鳥栖市出身)

鳥栖市出身でプロ野球・広島東洋カープの監督を務める緒方孝市さんが、チームを2年連続のリーグ優勝に導きました。

緒方さんは昭和62年に鳥栖高校を卒業後、ドラフト3位で広島東洋カープに入団。走攻守の三拍子揃った選手として活躍し、平成7年には盗塁王のタイトルを獲得。同年11月には鳥栖市市民栄誉賞を受賞されました。現役選手として22年間にわたり、盗塁王やゴールデングラブ賞など数々のタイトルを獲得するなど、プロ野球界を代表する選手として活躍されました。
また、選手時代から監督に就任された現在も、地元鳥栖の子どもたちのために鳥栖市民球場で少年野球教室を開催し、スポーツを通した青少年の健全育成にご尽力されています。

 

鳥栖市長コメント

広島東洋カープのリーグ優勝おめでとうございます。

37年ぶりのリーグ連覇という快挙を、鳥栖市出身の緒方孝市監督が成し遂げられ、監督の出身地の市長として、とてもうれしく思います。

まだまだ公式戦は続きます。これからも監督の『目指す野球』を積み重ねられ、まずはクライマックスシリーズを制していただき、日本シリーズで昨年の忘れ物「日本一」の栄冠を奪還されますことを願っています。


鳥栖市長 橋本 康志

 

現役時代から少年野球教室を開催(平成8年〜)

現役時代から鳥栖市民球場で毎年、少年野球教室開催。緒方さんとともに広島東洋カープの選手の皆さんも指導にあたり、野球教室は緒方さんが監督となられた現在も続いています。
野球教室

野球教室(平成15年)

野球教室(平成20年)

緒方さんとともに多くの現役選手も指導にかけつけてくれました

監督就任後も少年野球教室を開催(平成29年1月)

少年野球教室について緒方監督は「地元への恩返しと、鳥栖の子どもたちの中から将来、プロで活躍するような選手が育ってほしいという思いで毎年開催しています」と語っています。

鳥栖市民球場にはその功績を称える顕彰板を設置(平成22年12月)

長年にわたり鳥栖市民球場において、地域の小中学生を対象とした野球教室を開催されるなど、スポーツを通じて青少年の健全育成にご尽力された、本市出身の緒方孝市氏(現広島東洋カープ監督)の功績を称え、鳥栖市民球場に顕彰板を設置しました。

顕彰板除幕式

緒方孝市氏の功績を称え、鳥栖市民球場に顕彰板を設置しました(内部リンク)

 

市民栄誉賞の授賞式(平成7年11月)

プロ野球セ・リーグ盗塁王のタイトルを獲得するなど活躍。郷土の誇りとして敬愛され、青少年をはじめ市民に夢と希望を与えた緒方さんに平成7年11月、市民栄誉賞が授与されました。

市民栄誉賞授賞式

 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 企画政策部 情報政策課 広報統計係
電話番号 0942-85-3513 FAX 0942-82-1994
e-Mail jouhou@city.tosu.lg.jp


 

更新日:2017/9/19