市長からみなさまへ

(更新日:平成29年4月13日)

3研究機関との包括連携協定

鳥栖市には、科学技術の最先端を担っている施設が3か所あります。

産業技術総合研究所(産総研)九州センター、九州シンクロトロン光研究センター、そして九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)です。

産総研は昭和39年に通産省工業技術院・九州工業技術試験所として鳥栖市に開設され、火山灰を活用したシラスバルーン、発砲アルミニウム、難燃性マグネシウムなど、材料開発面で多彩な成果をあげてこられています。現在は製造業の材料・加工プロセス・設計・計測評価に関する研究開発を中心に運営されています。

佐賀県立九州シンクロトン光研究センターは、九州では唯一の放射光施設として平成18年に開設され、放射光の産業利用として精密な構造解析、微細加工など、開設以来その応用範囲も広がりつつあります。

サガハイマットは、九州初の重粒子線がん治療施設として平成25年に開設され、治療開始後約3年半で累計約1900人の治療を行っています。ここで行われる治療は、痛みを伴わず入院も不要な世界最先端のがん治療法で、多くの皆様の期待を集めています。

鳥栖市に拠点を置く研究機関が連携をすることによって、新たな技術や治療方法の開発などを行おうと、今年1月23日に包括連携協定を結びました。今後半年くらいかけて具体的な研究テーマを検討することになっていますが、それぞれに実績ある研究機関なので、この取組が新しい産業分野の開拓や創業に結びついていくことを期待しています。

 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 総務部 総務課 秘書係
電話番号 0942-85-3501
e-Mail soumu@city.tosu.lg.jp

更新日:2017/4/13