ジカ熱・デング熱対策について

● なぜ対策が必要?

 ジカ熱・デング熱は蚊を介して感染します。原因となるウィルスは、感染した人の血液を吸った蚊(日本ではヒトスジシマカ)の体内で増え、その蚊がまた他の人を血液を吸うときに、ウィルスを移し、感染を広げていきます。

 

● ジカ熱・デング熱に感染するとどうなる?

 感染しても全ての人に症状がでるわけではありませんが、発熱や関節の痛み、発疹が出るといった症状が1週間ほど出ます。また、ジカ熱は妊婦に感染すると小頭症などの先天性障害をもった子どもが生まれたり、デング熱では出血を伴うデング出血熱となり、重症化することがあります。

 

● 厚生労働省ポスター掲載URL

    蚊媒介感染症(厚生労働省ホームページ) 外部リンク

 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 環境対策課 環境対策推進係
電話番号 0942-85-3561
E-Mail kankyou@city.tosu.lg.jp

更新日:2017/6/15