生ごみ処理機購入費補助制度のお知らせ

令和元年度の生ごみ処理機購入費補助

鳥栖市では、生ごみ処理機の購入に対して補助を行っています。

生ごみ処理機をうまく使えば、ごみの量が減る上に、生ごみの臭いを抑えることができ、動物に荒らされることもなくなります。また、種類によっては、堆肥を作ることも可能です。

皆様のご家庭にあった生ごみ減量化を始めてみませんか。

生ごみ処理機の種類

◇生ごみ処理容器

補助額:購入価格の1/2(上限1万円)

価格の目安:約2千円〜2万円

 生ごみを土の中の微生物による分解や発酵により堆肥化する。 

 

   コンポスト

 土の上に立てて中に生ごみを入れていき、半年〜1年と時間をかけて堆肥化する。

 

EM容器

 畑や庭園に入れる堆肥の素を作ることができる。堆肥の素を埋める場所と定期的にボカシ(肥料)が必要になる。

 

ベランダdeキエーロ

 生ごみを埋めるだけで、分解できる。ベランダやコンクリート上に設置ができるため、畑がなくても使用できる。

◇電動生ごみ処理機

補助額:購入価格の1/2(上限2万円)

価格の目安:約4〜6万円

電気を使用して生ごみを処理する。

 乾燥式

 温風で水分を取り除き、生ごみの量を約1/10に減量する。

 

バイオ式

 水分温度、換気などを自動調整し、微生物により分解。

◇ディスポーザ

補助額:2万円

価格の目安:約30万円〜

台所のシンクに設置して生ごみを細かく粉砕し、排水と共に処理する。

  

ディスポーザ

 生物処理タイプ  浄化槽のように微生物の働きで処理する。浄化槽と同様に定期的な汚泥の引き抜きが必要になる。
 機械処理タイプ  機械的な装置で、固体と液体を分け、液体は下水道に、固体は乾燥等により減容されたものを定期的にごみとして処分する。

 

※細かく粉砕した生ごみを直接下水に流す直接投入型は認められておりません。
ディスポーザの設置については必ずこちらをご覧ください。

補助対象者

市内居住者で生ごみ処理機購入を受けたことがない方。

ただし、補助を受けた日から5年以上経過するか、補助を受けた処理機と異なる種類の処理機を購入する場合は、補助を受けることができます。

 

申込の流れ

事前申込

 

 ⑴住所  ⑵世帯主の氏名  ⑶連絡先

 ⑷希望の生ごみ処理機の種類(生ごみ処理容器・電動生ごみ処理機・ディスポーザ)

 ⑸概算の購入額(パンフレットなど金額が分かるものがあれば添付してください)

 ⑴〜⑸を任意の用紙にご記入いただき、メール、FAX、郵送または環境対策課窓口まで直接お持ちください。

 

 ※申込多数の場合は抽選です。

 ※処理機の購入については補助決定通知到達後になります。

 

申込期間

 7月1日(月)〜7月31日(水) 

 

■ お問合せ・お申込み先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 環境対策課 環境対策推進係
電話番号 0942-85-3561

FAX         0942-85-2009
e-Mail:kankyou@city.tosu.lg.jp

更新日:2019/6/12