交通事故にあったときは

 加害者がいる交通事故等で負ったケガの治療費は、本来、その加害者が負担しなければなりません。

 しかし、やむをえない場合は、後期高齢者医療保険を使用して治療を受けることもできます。

 

 もし、後期高齢者医療保険を使用して治療を受けた場合、保険者に届け出を行うことが義務付けられています。(根拠法令:高齢者の医療の確保に関する法律施行規則 第46条)

 この届け出によって加害者のかわりに保険者が立て替え払いをしている治療費を加害者に請求を行います。


  この手続きは、保険者でも被保険者(被害者)との関係以外の第三者(加害者)の行為によっておきているものなので第三者行為と呼びます。

 

届け出に必要なもの

第三者による傷病届(交通事故)  ※1

第三者による傷病届(交通事故以外)※1

事故発生状況報告書(交通事故)  ※1
事故発生状況報告書(交通事故以外)※1
念書兼同意書           ※1
誓約書              ※2

・交通事故証明書(自動車安全運転センターから交付されます)
・印鑑

・後期高齢者医療保険被保険者証

・個人番号(マイナンバー)がわかるもの

※1 被害者が記入  ※2 加害者が記入

 

 

第三者行為について

外部リンク:佐賀県後期高齢者医療広域連合


 

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 国保年金課 健康保険係
電話番号 0942-85-3582 
e-Mail hoken@city.tosu.lg.jp
更新日:2019/3/19