市指定 天然記念物

西清寺のいちょう(さいせいじのいちょう)

 西清寺のいちょう

西清寺のいちょう

 【所在地】 鳥栖市田代上町(西清寺)

【指定日】 昭和49年5月13日

 

 田代上町の西清寺境内にあるイチョウは、風格、樹勢ともにすぐれており、秋になると多い年には約1.2トンもの銀杏が取れるということです。高さは約32m、樹の周囲は大人が3〜4人が手をつないで届く太さ(約5.4m)があります。
 西清寺の寺伝によればこのイチョウは天正年間(1573〜1591)に勝尾城(現在の市内牛原町)の城主筑紫広門が愛妾の病気治療の祈願のために植えた7本のうちの1本だとされています。
 現在、鳥栖市内には西清寺のものも含めて、16カ所のイチョウが県や市指定の“名木・古木”にあげられています。
 西清寺のイチョウは八方にたくましい根を張り、境内に覆いかぶさるような枝振が最も良く、それがこの樹の特徴とされています。  
 
◆イチョウについて
《原産地》
 中国の江南地方
《由 来》
 鎌倉時代(13世紀末)に伝来し、寺社や寺院などの境内に多く見ることができます。 漢 字では「公孫樹」または「鴨脚樹」とも書きます。

 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市教育委員会事務局 生涯学習課 文化財係
電話番号 0942-85-3695 ファックス番号 0942-83-0042
e-Mail syogai@city.tosu.lg.jp

更新日:2016/8/10