健康診査

 健診(検診)は、病気の早期発見や、生活習慣を見直すためのものです。「自分の健康は自分でつくる」ため、必ず年に1回は受診しましょう。

★お詫びと訂正★

H30年5月に送付したヘルスアップ健診の通知の年齢記載に誤りがありました。お詫びして訂正します。

(正)20歳〜39歳
(誤)29歳〜39歳 

 

持ってくるもの

健康手帳…健康手帳は、保健センターで行う健康診査・がん検診・教室の記録をする手帳です。ぜひ健康づくりにご活用ください。保健センターにて配付しています。 
受診券…前年度受診された方や特定健診は対象者全てに郵送しています。 

 健診の種類

 対象

料金 

 場所

 内容

特定健診

(集団)

40〜74歳の国民健康保険加入者 500円 保健センター

 国保年金課のページ  

特定健診

(個別)

40〜74歳の国民健康保険加入者

500円

指定医療機関

ヘルスアップ健診

(集団)

20〜39歳の方

(昭和54年4月1日平成11年3月31日生まれの方)

700円

保健センター

 検査項目

 日程

いきいき健診

(個別) 

75歳以上の方

無料

指定医療機関は特定健診と同様です

(国保年金課のページ)  

◎採血しますので朝食はとらずにおいでください。
この健診は、糖尿病、高血圧、心臓病、腎臓病、肝臓病などを早期に発見できます。
市では糖尿病の早期発見のため、健診血液検査時に、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)検査を実施しています。

※HbA1c検査とは?
過去1〜2ヶ月間の血糖のコントロール状態を知ることができる検査です。
検査の時点で血糖値が正常でも、この値が高いと1〜2ヶ月間は血糖が高い状態が続いていたということがわかります。

 

肝炎ウイルス検診

◎佐賀県は肝がん死亡率が高い県です。肝がんの原因の約9割がB型、C型肝炎によるものです。肝炎を早期発見し治療することで、肝がん予防をしましょう。

 肝炎ウイルスは血液検査で分かります。上記の健康診査時、初回に受診されたとき(国民健康保険で人間ドックを受けた方や職域、保健福祉事務所で受けた方は除く)に検査が受けられます。

●対象者

20歳以上の方

●検査項目

・ C型肝炎ウィルス検査
・ B型肝炎ウィルス検査

 

★上記健康診査に該当されない方は、佐賀県でも肝炎ウイルス検査を『無料!』で行っていますので、こちらをご利用下さい。

 また、『肝炎ウイルス精密検査費助成事業』『肝炎治療費助成事業』もあります。

 詳しくは、こちら(佐賀県ホームページ)をご覧ください。

結果説明会

健康診査、肝炎ウィルス検査の結果を個別に説明します。
健診を受診された方は、必ずお越しください。

 

特定保健指導(積極的支援・動機づけ支援)

◎特定健診の結果からメタボリックシンドロームに該当もしくは予備群と判定された方は、保健師や管理栄養士等から生活習慣病の予防や悪化防止のためのサポートを受けることができます。該当の方には結果説明会のときにお知らせします。


 

■ お問合せ先

〒841-0037 佐賀県鳥栖市本町3丁目1496番地1

鳥栖市役所 健康福祉みらい部 健康増進課(保健センター)
電話番号 0942-85-3650 ファックス番号 0942-85-3652
e-Mail kenkou@city.tosu.lg.jp

更新日:2018/5/17