知っているようで知らない!? 自転車のルール

自転車は車やオートバイと同じ「車両」の仲間です。
自転車に乗る場合は、「運転者」の意識を持って、周囲の車や人に迷惑をかけないように、交通ルールを守った通行をしましょう! 

 

まずは自転車の点検・整備を!

ブレーキが故障した自転車に乗っては大変危険です。前輪後輪のブレーキがきちんときくようにしておきましょう。また、ライトが点灯するかを確認し、安全のため反射材をつけましょう。  

 

自転車安全利用五則を守りましょう!

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。したがって、歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。

※3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

 

2.車道は左側を通行

自転車は道路の左端に寄って通行しなければなりません。

※3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金。  
  

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。

※2万円以下の罰金または科料。  


 自転車および歩行者専用の標識

 

4.安全ルールを守る

■飲酒運転は禁止

 自転車も飲酒運転は禁止。

 ※5年以下の懲役または100万円以下の罰金

 

■二人乗りは禁止

 6歳未満の子どもを1人乗せるなどの場合を除き、二人乗り禁止

 ※2万円以下の罰金または科料

 

■並進は禁止

 「並進可」標識のある場所以外では、並進禁止

 ※2万円以下の罰金または科料

 

■夜間はライトを点灯

 夜間は、前照灯及び尾灯(または反射器材)をつける。

 ※5万円以下の罰金

 

■信号を守る

 信号を必ず守る。「歩行者・自転車専用」信号機のある場合は、その信号に従う。

 ※3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

 

■交差点での一時停止と安全確認

 一時停止の標識を守り、狭い道から広い道に出るときは徐行。安全確認を忘れずに。

 ※3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金 

 

5.子どもはヘルメットを着用

児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。  

 

 

事故発生時の措置

  1. 負傷者を救護して救急車(119番)を手配。
  2. ほかの人や車に危険が及ばないようにする。
  3. どんなに小さな事故でも最寄の警察署(110番)に報告する。
  4. 保険に加入していたらすぐに保険会社や代理店に連絡する。  

交通ルールを守ることは、自分の命を守ることです!
また、加害者になってしまう可能性もあります。
運転者という意識をもって、自転車の安全運転を心がけましょう


■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 建設部 維持管理課 管理係
電話番号 0942-85-3598  ファックス番号 0942-85-2114
e-Mail ijikanri@city.tosu.lg.jp
更新日:2018/4/20