WEB提案箱&市民提案箱に提案された内容と回答(平成18年度)

鳥栖市公式ホームページ「WEB提案箱」からお寄せいただいたもの及び市内各施設に設置の「市民提案箱」にご投函いただいたものの中から抜粋し、概要をご紹介いたします。

お寄せいただいた
提案内容(23)
(平成19年3月19日)

【WEB提案箱】

 【 意見・提案要旨】:救急医療センターの会計について
 6ヶ月の娘の具合が悪くなり、休日であったため「休日医療センター」を利用させてもらった。診察等非常にスムーズであったのに、会計が1時間待っても終わらないため受付に尋ねたところ、まだ時間がかかるので夜8時30分までに再度来てくれ、との返事であり一旦家へ帰った。
時間がかかることをあらかじめ案内してもらっていれば、早めに帰って子どもに薬を飲ませることもできた。他にも会計が終わらず、問合せするお客さんが何人もいた。
急を要するため休日の診察を受けているのだから、病人のことを第一に考えてほしい。  

鳥栖市からの
回答内容
 3月18日(日)の患者さんに対し、長時間お待たせした事態が起きたことは、大変申し訳ありませんでした。
心よりお詫び申し上げます。早速、会計事務員、主任看護師に事態を確認しました。当日は、通常の3倍の128名の患者さんが受診されておりますが、ご指摘のとおり患者さんへの対応について、事態の説明もせず長時間お待たせしたことに問題があり、厳しく指導致しております。
・今後の対応
休日救急医療センターでは、受診者の増減はありますが、今回のようにインフルエンザの流行など、多くの患者さんが見込まれる場合の看護師・医療事務員の配置も必要と考えております。
さらに休日救急医療センター職員とも、今後の対応について協議を行い、この様なことがないよう務めてまいります。                      
〔回答:健康増進課〕

お寄せいただいた
提案内容(24)
(平成19年3月23日)

【WEB提案箱】

 【 意見・提案要旨】:受動喫煙対策について
 JR九州では受動喫煙防止のために全車両を禁煙車にするなどの対策を行っている。 
健康増進法を推進する自治体の敷地内が、民間企業より受動喫煙対策の面で劣っているのはおかしい。
早急に改善するべきである。

鳥栖市からの
回答内容
 鳥栖市役所では屋外の喫煙指定居場所を、タバコの煙が入り込まない、来庁者等の出入りが少ない裏の離れた場所に設け受動喫煙対策をしています。
また、敷地内の受動喫煙対策については、JR九州等を参考にしてまいりたいと考えています。                                                             
〔回答:総 務 課〕
お寄せいただいた
提案内容(24)
(平成19年3月1日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:保育所入所について
保育所入所について、他の県や市のように3ヶ月求職中なら先に入所できるようにしてほしい。
先に仕事先を見つけるのはむずかしい。
仕事先でいつから来れるか、と聞かれても、入所が決まってから・・・ではなかなか採用してもらえない。
鳥栖市からの
回答内容
 保育所入所の件につきまして、回答いたします。
現在、求職中の方を含め、鳥栖市内の保育所入所申込をさてれいる方が多く、保育に欠ける状況によっては、待っていらっしゃる方がおられます。そのため、勤務証明書(予定証明を含む)等で確認を取らせていただき、保育に欠ける状況の厳しい方からの入所となっております。この書類の提出は、同居人の方を含め、勤務先が変わった場合も提出をお願いしているところです。
先に保育所入所をしてから、勤務先を見つけたいということですが、現在上記のような状況となっておりますので、書類での確認を要しております。ご迷惑をおかけしておりますが、どうかよろしくお願いいたします。                                                     
〔回答:こども育成課〕
お寄せいただいた
提案内容(23)
(平成19年3月1日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:登山教室の再開について
以前、年間4回位登山の催しがありましたが、最近はないですね。是非体力向上、家族のスポーツとしても復活して欲しい。
鳥栖市からの
回答内容
 近県の山に登山や市内近郊の野草薬草を観察しながらハイキングを行う過程で自然に親しみ、体力つくりを目的に平成16年度まで行っておりましたが、現在は登山教室の問い合わせがあった場合は、市の山岳連盟をご紹介しております。
教室の開催は、参加者に体力つくりのきっかけづくりを行い、親しんでもらうことを主な目的として開催しているため、ある一定期間行って定着しましたら、新しいスポーツの普及のために種目の見直し検討を行っているところでございます。
なお、今後希望・要望等が多い場合は、検討してまいりたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

〔回答:スポーツ振興課〕

お寄せいただいた
提案内容(22)
(平成19年2月27日)

【WEB提案箱】

 【 意見・提案要旨】:動物園の開設について
鳥栖にはこれといった遊戯施設がないので、動物園を作ってはどうか。
流通都市として発展しているなか、観光収入がどれだけあるのか疑問である。これほど交通の利便性がよい地域であるにもかかわらず、観光施設がないのは寂しく思う。
生き物とのふれあいを通じ、子どもたちが命の尊さを学ぶ場として、また、シニアの方々のための雇用確保、活動の場として、世代間交流を活発化させ、市全体を活気付けたい。

鳥栖市からの
回答内容
 ご指摘いただきましたとおり、鳥栖市は観光の目玉となるものに乏しく、観光地としてのイメージがあまりないのが現状であることは認識いたしております。
観光の目玉として動物園をつくることができれば、鳥栖市の観光振興が図られるのは確かだとは思われます。
しかしながら、動物園の開設には多額の費用を要しますし、運営を継続していくには採算がとれるだけの安定した集客が必要となってまいります。近隣にも久留米鳥類センターをはじめ、複数の施設があり、その中には経営状態がおもわしくない施設もあるようです。自治体財政が厳しい中、それを公共で行なうのは市民の皆様の理解が得られないと考えます。
鳥栖市の観光施設は、確かに知名度はあまり高くないかもしれませんが、四阿屋や御手洗の滝、河内ダム周辺の施設など、街中から手軽に行けて、自然を楽しむことができる施設が多数点在しており、夏休み期間中を中心に市内外から多数の来訪者があります。
また、昨年国の史跡に指定されました「勝尾城筑紫氏遺跡」など今後整備を進めていく施設もございます。
ご指摘のとおり、本市の観光素材について十分PRができていなかった面があるのも事実でございます。   しかし、本市にも手軽に行けて自然を楽しむことができる施設、更には鳥栖スタジアムや鳥栖プレミアムアウトレットといった九州各地から集客できる施設もございますので、訪れた方を市内の観光施設にも誘導するような施策を今後の課題として行なっていきたいと考えております。                                                            
〔回答:商工振興課〕
お寄せいただいた
提案内容(22)
(平成19年2月8日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:住民基本台帳の閲覧について
基本台帳を勝手に第三者に見せないで欲しい。
いろんなセールスが来て困ります。 
個人情報を大切にして欲しいです。
鳥栖市からの
回答内容
 お尋ねの「住民基本台帳の閲覧」につきましては、従来は、営利目的(販売促進のためのダイレクトメール郵送)とした閲覧請求においても、請求許可していたところでしたが、近年の個人情報保護(プライバシー)意識の高まりを受けて、平成18年6月15日に住民基本台帳法の一部改正が行われ、さらに平成18年11月1日から改正法の適用によって、営利目的の閲覧申請を一切禁止し、公益性の高いと判断されるものに限って閲覧を許可することになりました。
この場合に、「公益性の高いと判断されるもの」とは、「国、地方公共団体が法令の定めによる事務・業務を遂行する場合」や「世論調査等の社会調査のうち公共性が高いものなど住民サービス向上につながる場合」です。
現在、閲覧申請については、住民基本台帳法の一部改正に基づいて、閲覧の目的、閲覧対象、管理方法、成果、報告等について、慎重に審査を行ったうえで閲覧許可を行っています。
従いまして、現在時点での営利目的の閲覧は行っておりません。
お尋ねのとおり、「依然として現在もまだセールス訪問されて困っていらっしゃる」とのことですが、過去においてダイレクトメールを目的とした閲覧請求は多数ありますが、訪問販売を目的とした閲覧の実績はありません。
セールスによる個人情報の入手先は多岐にわたるものでありますが、仮に閲覧によって知り得た個人情報をダイレクトメール目的以外に、例えばセールス目的に使用する場合は目的外利用にあたりますので、閲覧業者に対して指導したいと考えております。
なお、個人情報につきましては、「鳥栖市個人情報保護条例」に基づく個人情報の開示請求について市役所総務課まで、また住基情報につきましては、公共サービス目的のため「住民基本台帳法」において、上記の閲覧も含めて、市役所関係各課において厳重に管理を行っているところですが、ご不明・ご不安な場合は、市民課までお尋ねください。

〔回答:市 民 課〕
お寄せいただいた
提案内容(21)
(平成19年1月23日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:一般競争入札について
一般競争入札に関してですが、物品等に関する情報公開のなさや、業者選定がおかしい。
市の登録業者であっても、入札に参加できないとききました。
市の方が入札参加資格者から抜粋して入札をおこなうのは、登録している意味がないのではないですか。
その入札に関係する登録者は全員参加させるべきではないでしょうか。 なにかおかしいのではないですか。
鳥栖市からの
回答内容
 ・物品の入札結果に関する情報公開については現在も行っていますが、申請があった場合に速やかに対応できるよう整理を行ってまいります。(閲覧資料の作成等)
・物品の購入については指名競争入札による契約又は随意契約により行っております。業者の選定にあたっては、入札参加資格申請により登録された業者の中から、一定の基準を設けて選定を行っております。                                                       
〔回答:契約管財課〕

お寄せいただいた
提案内容(21)
(平成19年1月16日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:弥生が丘の保育施設増設について
現在市では、待機児童問題解決のため保育施設の増設を検討しているとのことであるが、弥生が丘地区には保育所が一箇所しかない。できれば自分の住んでいる町の保育園に通わせたいという希望もあり、今後、益々増加すると思われる児童数に対応するためにも早急な対策をお願いしたい。
住みやすい弥生が丘が、今後住みにくくなると思う。

鳥栖市からの
回答内容
  貴重なご意見ありがとうございます。
鳥栖市では保育所待機児童解消に向けて、年度計画で保育所施設整備(平成14年度に定員90名、平成18年度に定員110名、平成19年度に定員60名の保育所の新設)及び既設保育所の定員増等で入所枠の拡大を行ってきています。
このため、平成19年度の入所希望者数は、市内全保育所の入所受入可能数以内となっています。
ご意見をいただいているとおり、弥生が丘地区での入所希望者は増加傾向にありますが、市としては、保育所入所希望者数に対して市内全保育所の入所枠で充足できるかどうかで判断を行っています。
引き続き市内の動向を睨みながら計画をたてていきたいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。                                    
〔回答:こども育成課〕

お寄せいただいた
提案内容(20)
(平成19年1月2日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:屋外における受動喫煙対策について
茨城県は受動喫煙の被害を避けるため、県の庁舎の敷地内の屋外に喫煙所を2箇所設置し、そこ以外の敷地内はすべて禁煙にすることにした。
貴市の現状についてお知らせいただきたい。

鳥栖市からの
回答内容
  鳥栖市役所では、受動喫煙の被害を避けるため、敷地内の屋外に3箇所、庁舎内1階と3階に喫煙所を設置しています。
敷地内については、建物の中は喫煙所以外禁煙であり、屋外は指定場所以外禁煙にしています。                                                          
〔回答:総 務 課〕
お寄せいただいた
提案内容(20)
(平成18年12月21日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:市立図書館駐車場について
市立図書館の隣の広い公共駐車場に、歩行者、ベビーカー用出入口をもうひとつ作って、道路に横断歩道を設けてもらえると、図書館の駐車場が混んでいるけど、急いで図書館を利用したい時や、小さい子の子育て中でたいへんなお母さん、お父さんにとって、より利用しやすくなると思います。
鳥栖市からの
回答内容
  日頃から、市立図書館を利用していただき厚くお礼申し上げます。
市立図書館西側の公共駐車場は、市立図書館、市民文化会館、市民体育館などの利用者に喜んで利用していただいております。
さて、ご要望の件ですが、市立図書館駐車場の出入口付近は、道路幅員も狭く出入する利用者の車で混雑するため、車との接触が危惧されます。西側の公共駐車場は、市立図書館に近いところに出入口を設置 し、広く又歩道もあり、歩行者も安全であると考えております。ご理解いただきますようお願いいたします。

〔回答:教育委員会 文化芸術振興課〕
お寄せいただいた
提案内容(19)
(平成18年12月8日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:市内の街灯について
鳥栖に引っ越して2年たちますが、街灯がぜんぜんなくて、おどろき、危険、くらいです。 
街灯をふやしてください。

鳥栖市からの
回答内容
 街路灯の整備につきましては、現在、平成17,18,19年の3カ年 計画で中学校通学路および地域間幹線路を中心に整備を進めています。                

〔回答:建 設 課〕

お寄せいただいた
提案内容(19)
(平成18年11月14日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:なかよし会運営の新組織について
現在、なかよし会の新組織について検討されているが、検討委員の構成員だった保護者からの話では、公営学童の運営変更を提言したことは無く、むしろ反対したとの意見であった。必要性もないのに民営化を推し進めているやり方に疑問を感じる。本件に関する準備委員会が立ち上げられたようだが、市側の準備した内容を了承するだけの会議の場になっていると思う。ただ単に、行政に隷属する新組織ができあがるだけで、今までと何ら変わるところは無く、ただ責任の所在が市から新組織に移るだけではないか。少子化対策の趣旨に照らしても、公営学童の存続を望むと同時に、公営のままでの改善検討を強く望んでいる。

鳥栖市からの
回答内容
 なかよし会の運営主体の変更については、様々な課題を抱えたなかよし会の現状を改善するための方策の一つとして、去る7月7日に鳥栖市放課後児童クラブ問題検討委員会から提言されたものです。
新運営組織の提言に当たっては、検討委員会の第4回目及び第5回目に提言の一つとして提案され、その内容を委員の皆様により審議していただきました。
また、その内容については、第4回及び第5回の検討委員会だよりに盛り込み、保護者全員にお知らせし、かつ、ご意見等の聴取を図ってきました。
子どもたちが、なかよし会で過ごす放課後の時間は、大人へと成長する過程における大切な時間であり、様々な体験を積む場でもあります。従いまして、地域全体で協力して子どもたちを支えていく体制を整備していくことは、子どもたちの健全育成の上からも重要なことと考えていますので、保護者、教育関係者などで構成する運営主体に移行することにご理解をお願いいたします。                                   
〔回答:教育委員会生涯学習課〕

お寄せいただいた
提案内容(18)
(平成18年10月29日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:市での葬送について
鳥栖市内で受けられる葬送に関するサービスについて調査しようと思い、市のホームページを閲覧したところ掲載がなかった。
他の自治体ではホームページ上に掲載されており、遺体の搬送等について無料で行っているところもあるとのことであった。
鳥栖市では葬送に関してどのようなサービスを受けることができるのか。
また、いつでも調べることができるよう、ホームページへの掲載を希望する。

鳥栖市からの
回答内容
 鳥栖市のHPをご利用いただきありがとうございます。
ご指摘の鳥栖市民が亡くなった際の行政サービスですが、鳥栖市斎場(火葬場)の利用ができます。
利用料金は鳥栖市民であれば無料でご利用いただけますが、鳥栖市民以外の方につきましては、成人(12才以上)の場合一体75,000円、小人(12才未満)は50,000円の斎場利用料が必要となります。
なお、鳥栖市では遺体の搬送は行っておりませんので葬儀社等へご依頼下さい。
ホームページへの掲載につきましては、随時その掲載内容等の見直しを行っておりますので、ご指摘のありました件につきましては、近日中に掲載を行うようにいたします。
今後とも市政へのご理解とご協力をよろしくおねがいいたします。

〔回答:環境対策課〕

お寄せいただいた
提案内容(17)
(平成18年10月28日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:道路通行規制に伴う広報について
昨日、萬歳寺より九千部山頂へ至る林道を通ったところ、台風被害のため崩壊しており通行ができなかった。
現在の復旧状況について確認したく、市のホームページで調べてみたが掲載されていない。
市が管理する道路について、災害や工事に伴う通行止め等の規制を行っている箇所をホームページで確認できれば便利だと思う。

鳥栖市からの
回答内容
 ご提案ありがとうございました。
通行されていた市道河内大峠線につきましては、7月4日の大雨により被害を受け、長期間にわたり、通行止めとなっておりました。
9月5日に応急復旧し、現在は通行可能となっております。
ご提案の件につきましては、災害により被害を受けて長期間にわたる通行止め箇所は、市ホームページ上のお知らせ欄で情報を提供していきたいと考えておりますが、深夜や土日曜日に発生した災害等による通行止めにつきましては、ホームページの管理上、すぐには情報提供できない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。よろしくお願いします。

〔回答:総 務 課〕

お寄せいただいた
提案内容(16)
(平成18年10月28日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:保育所申し込みについて
家で子どもを見る人間が自分しかいないため、働きにも出ることができない。働いていないと入園できないのか。入園のあてがなければ面接にも行けない。
一時保育も検討したが、費用がかかりすぎる。入園手続きのため、職場に問い合わせがあったところ、たまたま当日が休みであったというだけで入園取り消しになったという話も聞いた。どうしてそのようなことになるのか。

鳥栖市からの
回答内容
 保育所申し込みについて回答いたします。
現在、鳥栖市内の保育所は定員を超えているところや、待っていらっしゃる方がとても多い状況です。そのため勤務証明書等で、保育に欠ける状況の厳しい方からの入所となりますので、休職中のみなさまを含め、申しわけありませんが、勤務証明書(予定)等の書類の提出をお願いしております。
また、入園順番についてのお問い合わせですが、たまたまお休みを取られていた方について、入園準備が後回しになるということは行っておりませんので、よろしくお願いします。

〔回答:こども育成課〕
お寄せいただいた
提案内容(18)
(平成18年10月27日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:市内の公共交通機関について
最近移住した者です。
鳥栖は公共交通機関が弱い印象を感じました。
100円均一で10〜20分毎の市内or中心部循環バスなんかができないものか。
鳥栖市からの
回答内容
 近年、路線バスの利用者は自家用車の普及と道路整備の進展等による交通手段の多様化に伴い、減少を続けております。それは本市におきましても同様で、現在市内を運行している6路線は、民間バス事業者による経営維持が困難となったことを受け、市民団体の代表者で構成される鳥栖市バス路線対策協議会において協議を重ね、統合廃線された結果として存続している路線です。
市民の日常生活を支える公共交通手段として、これらの路線を維持存続するために市では、路線の見直しを行いながら、国県や他の沿線自治体とともに、西鉄バス佐賀株式会社に対し運行経費の欠損額を補助金として交付しています(平成17年経常赤字84,704,000円)。また、市独自の事業としては、市が単独で補助している市内3路線については75歳以上の市民は市発行の特別乗車証提示により無料で利用できる制度があります。
ご提案のように100円均一、短間隔での運行は利便性が向上し、利用者も増加すると思われますが、1台バスを増加するためには、1日平均約400人以上の利用者の増加が必要となります。大幅な補助金の増加は、現行のサービス制度の維持及びバス路線の維持存続のためには不可能な状態です。
現在、バス路線対策協議会においてバス路線再編を諮っておりますが、利用のニーズに可能な限り応えながらも、市の負担額が軽減できるよう利用形態の把握に努め、無駄の少ない運行経路やダイヤへ見直したいと考えております。また、市民の身近な移動手段確保のため路線バスを維持存続して参りたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

〔回答:都市整備課〕
お寄せいただいた
提案内容(17)
(平成18年9月25日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:道路舗装について
近所で道路標識のつけかえが行われています。何年かでつけかえという決まりがあるか分からないけど、まだ全然キレイなのに、かえる必要があるのでしょうか??また、道路工事も穴がほげたとこだけ補正されて全体的にボコボコで、ハンドルをとられます。事実、対向車のすれ違いでハンドルがとられ事故がおきてます。するならするで、全体をキレイにしてほしい。もっと優先順位を考えてお金を使ってほしい!!
鳥栖市からの
回答内容

提案箱へのご意見ありがとうございます。
市内道路の舗装面が全体的に凹凸部が多いため、自動車の運転中にハンドルをとられ、実際に事故が起きているというご意見をいただき、また舗装工事の施工順位については優先順位をつけ計画的な支出を行なってほしいとのご要望をいただきました。
鳥栖市では、市内道路の損傷箇所をいち早く発見し危険個所を排除するため毎日職員による道路パトロールを実施しております。
道路陥没部の発見・修繕が主な内容ですが、その他カーブミラーの向きの点検や道路上の障害物除去等事故につながる恐れがあるものを排除し安全確保を行なっています。
ご指摘の「ボコボコ」箇所は、陥没部に道路補修材を施した結果他の正常な路面との間に段差が生じたものではと推測いたしますが同一区間に多数の陥没ができた場合、「ボコボコ」が増えハンドルをとられるような道路になることが考えられます。
 全面舗装を行なうことが理想ですが、市内全域の要補修道路を全面舗装することは不可能なため、交通量・危険度・通学路指定の有無等を総合的に判断し優先順位を決定し施工しておりますのでご理解をお願いいたします。

〔回答:建 設 課〕

お寄せいただいた
提案内容(16)
(平成18年8月24日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:ボランティア袋の配布について
個人でごみ拾いをしたいので、1枚単位でのボランティアゴミ袋の配布をお願いしたいです。
鳥栖市からの
回答内容

 日頃より清掃活動にご協力いただき誠にありがとうございます。
環境対策課では、各町区または団体で公共用地のボランティア清掃活動を行う際にのみボランティア袋を無料で配布しております。
個人で清掃活動を行う際には、ボランティアである認証が困難であるため基本的に配布しておりません。もし、個人でボランティア清掃を行いたい場合には環境対策課にご相談ください。

〔回答:環境対策課〕

お寄せいただいた
提案内容(15)
(平成18年8月10日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:窓口申請時の本人確認について
戸籍を取りに来たのですが、本人ということで身分証の確認が全くありませんでした。申請書に書かれたことが正しいからといって、本人確認をしなければ、なりすましもあるのではないでしょうか。
鳥栖市からの
回答内容

 窓口で手続きを進める際に、転入・転出等の住民異動や印鑑登録、婚姻など戸籍届等は、身分証明書の確認をしておりますが、ご意見のあった戸籍等の請求においては身分証明書の提示を求めておりません。現在のところ、戸籍等の証明書請求に際しては、次のような確認方法を執っています。
先ず、請求書については、ア、請求者の住所氏名等、イ、被請求者の本籍氏名等、ウ、続柄、エ、委任状があればその内容等について、その各種事項が住民基本台帳や戸籍台帳に照合し、真実であるのかどうか各内容の確認を行います。次に、住所確認できない市外在住の請求者である場合など、必要に応じて請求者の運転免許証等身分証明書の提示を求めることをしています。さらに、その請求内容等に疑問のある場合は、さらに事実関係の確認をすることとしております。
これは、戸籍等の請求の審査に際しては、請求に真実性が確保されているかどうか書面内容をもって確認を進めているからです。従って、常時、身分証明書等を確認しているわけではありません。また、待ち時間に影響したり、身分証明書等を所持されない方もいらっしゃいますので、お客様にとってご不自由をかけることを避けていることなどの側面もあります。
しかし、近年、他人の個人情報を使い、不正が発生している事実もあります。成りすましなどはその一例です。このため、戸籍等の請求の場合も身分証明書等を確認するという動きも他の自治体ではあるようです。当市では、個人情報の不正使用に繋がらないためにも、審査に十分の意を用いるとともに、こうした面での調査・研究を進めていきたいと考えています。 

〔回答:市 民 課〕

お寄せいただいた
提案内容(15)
(平成18年8月7日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:弥生が丘駅前駐車場について
弥生が丘駅前の送迎者駐車場は、以前より通勤者による駐車や長期間にわたる同一車両の駐車が目立つ。
市でもいろいろと対応していただいているが、抜本的な解決には至っておらず、相変わらず目的外の駐車が多い。コインパーキング施設の導入等について検討されるよう提案する。

鳥栖市からの
回答内容
 提案箱へのご意見、ありがとうございます。
弥生が丘駅前駐車場に対するご提案についてですが、ご指摘のとおり駅利用者のための送迎用として整備をいたしておりますが目的外の利用が多くその対応に苦慮しているところです。
市といたしましても、これまで常習駐車車両に警告文をワイパーにはさんだり、車道と駐車スペースを分離させる区画線を施し車道駐車の車両取締りを容易にしたり、ロードコーンを設置したり、警告看板を設置したりと対策を講じましたが、依然として目的外駐車は改善されていないのが実情です。
したがって、これまでのような利用者への注意喚起という手法では思うような効果が得られないと判断し、(1)駐車場を別の用途に再整備し物理的に車両の駐車ができなくする、(2)有料化する。(3)罰則を設ける等の措置が必要ではと考えております。
ご提案いただいておりますコインパーキングの導入は、こうした考えに沿うものですので、市有財産の民間貸付や市直営とした場合の運営方法等の課題を整理し、この問題解決の一対応策として再検討したいと考えております。今後とも、地元弥生が丘区様、東峰マンション管理組合様、鳥栖警察署、JR弥生が丘駅等のご意見を伺いながら、市としての最終判断を下したいと考えておりますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

〔回答:建 設 課〕 
お寄せいただいた
提案内容(14)
(平成18年7月7日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:資源ごみ回収について
資源ごみを持ってきたら、4時にトラックが出てしまった。
4時までなら4時まで、資源ごみを受け付けるべきではないでしょうか。市役所は5時までだから5時までにして欲しい。どうして1時間早く終わるのか理解できない。
鳥栖市からの
回答内容
 言われますように受付時間は4時までとなっていますので、4時までは受付を行わなくてはなりません。以後このようなことがないよう、委託業者に指導してまいります。
資源ごみは、みやき町にある鳥栖・三養基西部リサイクルプラザに搬入しておりますが、この施設の受付時間は4時30分までとなっております。このことから運搬時間を考慮し、市役所での受付時間を4時に設定しています。よろしくご理解・ご協力の程お願いします。
なお、火曜日については午後8時まで受付しておりますので、4時以降に資源ごみを出されたい場合は、こちらをご利用いただきますようお願いします。  

〔回答:環境対策課〕

お寄せいただいた
提案内容(14)
(平成18年6月10日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:鳥栖駅東側について
駅東のロータリーは利用者が少なく、路上駐車や若者の夜遊び、飲食物の放置が目に付き、犯罪発生などが懸念されている。
また、マンション北側の公園は、夜間、若者の集会場となっており、花火をしている。
鳥栖市が良い街づくりを実践するためには、住みよい環境、住民に愛される街づくりが必要だと思う。口だけでは税金の無駄使い。サガン鳥栖の試合に市外の方も多く訪れる場所なので、鳥栖の良さを見せる必要があるのではないか。

鳥栖市からの
回答内容
・鳥栖駅東の問題について
ロータリー周辺の一部利用者に対する不安,心配につきましては、管理者といたしまして申し訳なく思っております。
現在、駅前広場として整備をしております区域の一部を鳥栖市及び近郊に在住するスケートボード愛好者に条件付で使用を認めておりますが、彼らに限らず広場の使用の際には、地域の方々に不安を与えないよう指導いたしますのでご理解のほどお願いいたします。

〔回答:建 設 課〕


・公園の管理について
都市公園の管理については、市民の皆様が安全で安心して利用いただけるよう環境整備の充実に努めているところであります。
具体的には、公園内の草刈り、除草、芝刈りを年4回ほど業者に業務委託をおこない管理しております。
ご指摘の、夜10時から12過ぎに花火や若者の集会場になっているとの意見については、当方では把握しておりませんが実態調査の上、市報掲載等により、公園利用者のマナ−の徹底や看板設置で、公園利用者へ注意を喚起していきたいと考えております

〔回答:都市整備課〕

お寄せいただいた
提案内容(13)
(平成18年4月23日)

【WEB提案箱】

 【意見・提案要旨】:鳥栖駅前について
鳥栖駅前のロータリーは雑然としており、何度か車にしかれそうになった。
行政かJRかどちらの管理になるのかわからないが、早急に整備、対応をお願いしたい。

鳥栖市からの
回答内容
 鳥栖駅前のロータリー(鳥栖駅西側の駅前広場)につきましては、狭隘であり、特に駅利用者と送迎の車が集中する時間帯には、駅前広場に連絡する道路や交差点の形状と相俟って、歩行者の安全や円滑な交通に支障をきたしている状況にあり、これらの道路の整備や交差点の改良と一体的かつ緊急な整備が必要であるものと認識しております。
このようなことから、JR九州、佐賀県、鳥栖市による「JR鳥栖駅周辺整備推進協議会」を昨年10月に設置し、駅前広場等の整備について検討を進めているところであります。
早期に計画を策定し、整備着手できますよう、今後とも務めてまいりますので、ご理解の程、宜しくお願いします。                          
〔回答:都市整備課〕
お寄せいただいた
提案内容(13)
(平成18年4月6日)

【市民意見箱】
 【 意見・提案要旨】:市内のバス巡回について
他県から越してきました。鳥栖は、バスが少なすぎだと思います。
蔵上、弥生が丘と、新興住宅地として整備をしている割に、駅に向かうバスは1時間に1本もない時も・・・。
車がないと生活できないとは、環境にもよくないと思うし、何より不便です。
鳥栖市からの
回答内容
 現在、市内のバス路線につきましては広域線3路線、市内線3路線の計6路線が運行しておりますが、これらの路線は通勤通学、買い物等市民の日常生活を支える交通手段としての役割とともに、輸送の効率化による交通渋滞の緩和や、高齢者や障害者の方々、いわゆる交通弱者といわれる方々の移動手段等の観点からも、その役割は重要だと考えております。
しかし、その重要性とは裏腹に、路線バスの利用者はモータリゼーションと道路整備の進展等による交通手段の多様化に伴い、バス利用者が減少し路線運行の採算が悪化、民間バス事業者による維持が困難になり、西日本鉄道株式会社より4路線について、平成13年4月1日から廃止する旨の表明がなされました。
現在、本市内を走っております6路線は市民団体の代表者で構成される市内バス路線対策協議会において協議を重ねてきた結果、存続しているものです。そのために市では、路線の見直しを行いながら、国県や他の沿線自治体とともに、西鉄バス佐賀株式会社に対し運行経費の欠損額を補助金として交付しています(平成17年経常赤字84,704,000円)。
ご意見のようにバスの本数を増やしたり、バスが通っていない地域に路線を新設したりすれば利便性は向上いたしますが、バスの台数増加は補助金の大幅な増加につながるおそれがあるため不可能な状態です。今後とも、利用のニーズに可能な限り応えながらも、市の負担額が軽減できるよう利用形態の把握に努め、無駄の少ない運行経路やダイヤの見直しに努めたいと考えております。
いずれにいたしましても、バス問題につきましては、移動手段確保の総合的な観点から関係機関とも十分協議を行い、市民の利用しやすい公共交通機関としての路線バスを考えたいと思っておりますので、よろしくお願いを申し上げます。                                   
〔回答:都市整備課〕

 

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 市民協働推進課 市民相談室 相談係
電話番号 0942-85-3576 ファックス番号 0942-83-3310
e-Mail kyoudou@city.tosu.lg.jp
更新日:2016/6/10