お済みですか?住宅用火災警報器

住宅用火災警報器は5月31日までに設置しましょう!!

 消防法等の改正に伴い、平成23年6月1日以降全ての住宅で住宅用火災警報器の設置が義務となります。

住宅火災において死亡の約6割が「逃げ遅れ」が原因といわれ、住宅用火災警報器を設置することで火災の

早期発見、逃げ遅れ防止が期待されます。

 

住宅用火災警報器は…

 ◎住宅用火災警報器は、火災による熱や煙を感知して、音声や警報音で異常を知らせる機器で、「煙」に

  反応するタイプと「熱」に反応するタイプの2種類があります。

 ◎耳の不自由な方には、光と音でお知らせする補助警報装置があります。

 ◎住宅用火災警報器は、ホームセンターや家電量販店等で購入することができ、乾電池タイプはネジ2本

  程度で簡単に取り付けることができます。

 ◎消防職員が販売したり、特定の業者に販売を委託することはありません。

 ◎購入する際の目安として、日本消防検定協会の「NSマーク」が付いているものを選びましょう。

                                          

 

設置場所は…

 ◎住宅用火災警報器の設置が義務付けられている場所

  ●寝室(来客者用をのぞく)

  ●寝室がある階の階段(1階以外に寝室がある場合)

  ●住宅用火災警報器を設置する必要が無かった階で、7平方メートル(四畳半)以上の居室が5以上ある

    階の廊下

◎取付位置

  ●天井…壁から住宅用火災警報器の中心を60センチメートル以上離す。

        梁から住宅用火災警報器の中心を60センチメートル以上離す。

        エアコン等の吹き出し口から住宅用火災警報器の中心を1.5メートル以上離す。

  ●壁面…天井から15〜50センチメートル以内に住宅用火災警報器の中心がくるようにする。

 

 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 総務部 総務課 庶務防災係
電話番号 0942-85-3506 ファックス番号 0942-82-1994
e-Mail soumu@city.tosu.lg.jp

〒841-0037佐賀県鳥栖市本町3丁目1488番地1

鳥栖・三養基地区消防事務組合 予防課

電話番号 0942-83-7996

更新日:2015/6/10