春の民俗芸能 

鳥栖市は伝統的な祭り・行事が各地で伝承されており、獅子舞や浮立などの伝統芸能も数多く伝承されるなど、個性ゆたかな伝統文化が形成されています。

鳥栖市の民俗芸能は、第二次世界大戦後の大きな時代の変遷のなかで中断し、そのまま廃絶したものもあれば地域の人々の努力で復活したものもあります。この機会にぜひ足をお運び下さい。

なお、車でお越しの場合は駐車場の確保が難しい場合もありますのでご注意下さい。

 

 曽根崎の獅子舞(鳥栖市重要無形民俗文化財)  

とき

3月29日(日) 1回目:9時〜(老松神社) 2回目:11時30分〜(田代公園)3回目:15時〜(老松神社)

ところ

曽根崎町老松神社一帯

内容

 

 鉦と太鼓の伴奏によって演じられる獅子舞と道ばやしからなる伝統芸能。獅子舞は雄獅子・雌獅子・つり合い獅子の順序で演じられる。曽根崎町老松神社の神幸祭として、土地の悪霊を鎮め、人々を浄め、豊作を祈願する貴重な伝統芸能。

 

 

牛原の獅子舞(郷土芸能)

とき・ところ

4月5日(日) 牛原町一帯(牛原町香椎神社:10時00分〜・四阿屋神社:14時00分〜)

内容

 

  獅子釣りの童子2人に操られる雌雄の獅子。鉦と太鼓の伴奏に合わせ、勇壮な舞いを演じる。土地の悪霊を払い、豊作を祈願する伝統芸能。

 

 

宿の鉦浮立(鳥栖市重要無形民俗文化財)

とき

4月29日(祝・水) 9時00分〜12時50分

ところ

市民文化会館前広場〜船底神社 (宿町一帯)

内容

 

 のぼり旗を先頭に道ばやし、鉦打ち、鉦下げ、太鼓打ちなど約150人が市民文化会館から船底神社までを練り歩き、市役所と船底神社で鉦浮立の演舞を行います。

 

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 教育委員会事務局 生涯学習課 文化財係
電話番号 0942-85-3695 ファックス番号 0942-83-0042
e-Mail syogai@city.tosu.lg.jp

更新日:2020/2/13