令和2年度 計量器定期検査

 取引、証明に使用される特定計量器(質量計)は、2年に一度、定期検査を受けることとされており、鳥栖市では令和2年(2020年)の4月から5月にかけて定期検査が実施されます。

 

 

 取引、証明に使用される計量器(はかり、分銅等)が検査対象となります。

 

※取引とは「有償無償を問わず物又は役務の給付(売買、賃貸、贈与、雇用、請負、委託加工等)を目的とする業務上の行為」のことです。

※証明とは「公に又は業務上他人に一定の事実が真実である旨を表明すること」のことです。

 

【検査対象となる計量器の例】

 ○電気式はかり

 ○ばね式はかり

     

    

 ○手動指示併用はかり

 ○等比皿手動はかり / 不等比皿手動はかり

 

  / 

 ○台手動はかり

 ○棒はかり

 

 

 ○直線指示はかり

 ○分銅 / 増おもり

 

  / 

 

【検査対象となる使用の例】

  • ○商店、露店、行商等で商品の売買に使用する計量器
  • ○病院、薬局等で調剤用に使用する計量器
  • ○病院、学校、保育園、幼稚園等で身体検査結果を保護者などに報告するために使用する体重計
  • ○運送業者などが貨物の運賃の算出等に使用する計量器
  • ○農業、漁業等に従事する者が、農産物、水産物等の売買、出荷のために使用する計量器
  • ○商店、工場、事業場等の原材料の搬入(学校、病院等への食材の搬入)、製品の販売、出荷のために使用する計量器
  • ○公共機関への報告又は公共機関が行う統計の公表などを目的として計量する時に使用する計量器
  •   ※ 上記は一部の例です。詳しくは 佐賀県計量協会(0952−31−1411)にお問合せください。

     

    計量器定期検査

     計量器定期検査には集合場所検査」、「所在場所検査」の2通りがあります。どちらかの方法で必ず受検してください。

     

    1.集合場所検査
     指定された日時に、指定された場所へ計量器を持って行き受検する方法です。
     
    秤量(※1) が250kg以下で持ち運びができる計量器が対象となります。
     
    受検の際は「特定計量器定期検査受検通知書及び受検票」に記入の上、下記日程の受検当日に提出してください。
    (※1 秤量_そのはかりで計量できる最大の量のこと。)

     

    2.所在場所検査
     計量器の設置場所に検査員が出張して受検する方法です。
     秤量が250kgを超える計量器、秤量が250kg以下でも持ち運びができない計量器などが対象となります。
     計量器が土地又は工作物に取り付けられているため運搬できない場合、運搬することにより破損又は精度が落ちる可能性がある場合などは、所在場所検査を受検してください。
     受検日時を調整する必要がありますので、あらかじめ「所在場所定期検査申請書」を鳥栖市役所商工振興課に提出してください。

     

    様式等ダウンロード (「ダウンロード」の文字をクリックしてください。)

      ◆特定計量器定期検査受検通知書及び受験票(PDFダウンロードExcelダウンロード

      ◆特定計量器定期検査受検通知書及び受験票_記入例(PDFダウンロード

     

      ◆所在場所定期検査申請書(PDFダウンロードWordダウンロード
      ◆所在場所定期検査申請書_記入例(PDFダウンロード

      ◆定期検査手数料表(PDFダウンロード

     

    令和2年度計量器定期検査の日程と会場

     今回、検査会場が変更されています。

     のでご注意ください。

     

    1. 集合場所検査日程

     検査日

      検査時間

     検査会場

     4月20日(月)

     10:00〜12:00

     麓まちづくり推進センター

     4月20日(月)

     13:30〜15:30

     鳥栖まちづくり推進センター

     4月21日(火)

     10:00〜12:00

     13:00〜15:00

     田代まちづくり推進センター

    ※上記日程にて受検されなかった方は、所在場所検査(計量手数料+1,000円以上)または佐賀県計量検査場(佐賀市鍋島町)へ持ち込んでの検査となりますので、上記期間中に必ず受検するようお願いします。

     

    2. 所在場所検査日程

    計量器の種類

    検査実施期間

    大型・中型

    4月22日(水)〜5月15日(金)

    小型

    5月18日(月)〜6月3日(水)

    ※所在場所検査を希望される方は、あらかじめ「所在場所定期検査申請書」を鳥栖市役所商工振興課に提出してください。
    ※「所在場所定期検査申請書」に基づいて詳細な検査日時を調整し、日時決定後、個別にお知らせいたします。 

     

    検査手数料

     定期検査の受検には定期検査手数料が必要となります。

     詳しくは、佐賀県計量協会(0952−31−1411)へお問合せください。

     

    1.定期検査手数料表

    秤量

    定期検査手数料 

    100kg以下

    1,500円

    250kg以下

    1,900円

    500kg以下

    2,300円

    1t以下

    3,200円

    2t以下

    4,100円 

    5t以下

    7,100円 

    10t以下 

    11,000円 

    20t以下

    15,900円

    30t以下

    19,400円

    40t以下

    21,800円 

    50t以下

    30,000円

    50tを超過

    51,400円

    1. ※1 はかりの最小の目盛又は、表記された感量が秤量の1万分の1未満のものにあっては、上記金額の2倍とする。
    2. ※2 秤量が複数あり、手動により切り替えができるものにあっては、各秤量ごとにあたる上記金額の合計額とする。ただし、※1に該当する場合にあっては、最大秤量にあたる上記金額の2倍額と、その他の秤量にあたる上記金額の合計額とする。
    3. ※3 棒はかり「400円」、直線指示はかり「350円」
    4. ※4 分銅・増おもり(一組)「250円」

     

     

    2.所在場所検査諸費用負担金

     所在場所検査を受検する場合は、定期検査手数料の他に大型トラック又は定期検査車両の使用料及び検査員の出張旅費が必要です。

    (1) 検査用具運搬費(分銅運搬に要する経費) ※1ヶ所あたり標準(1日3か所以上の場合)

    はかりの秤量

    運搬に要する経費
    (1台あたり) 

    複数台検査の場合
    (2台目以降1台 あたり)

    250kg超 〜2t以下

    2,400円 

    800円増 

    2t超 〜5t未満

    5,000円

     2,000円増

    5t以上 〜10t未満

    10,000円

     5,000円増

    10t以上 〜20t未満

    20,000円

     10,000円増

    20t以上 〜40tまで

    40,000円

     10,000円増

    40tを超過

    秤量×1、000円

     10,000円増

    (2) その他の経費
      1か所 1,000円 〜 12,000円

     

    検査実施機関

     一般社団法人 佐賀県計量協会   TEL:0952−31−1411

       HP:http://www.saga-keiryo.or.jp/main/

     

    計量器定期検査に関するお問合せ先

     佐賀県くらしの安全安心課     TEL:0952−25−7069
     一般社団法人 佐賀県計量協会   TEL:0952−31−1411
     

     

    ■ このページの作成・発信部署
    〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
    鳥栖市役所 経済部 商工振興課 商工観光労政係
    電話番号 0942-85-3605    FAX 0942-83-3095
    e-Mail syoukou@city.tosu.lg.jp
    更新日:2020/5/20