限度額適用・標準負担額減額認定証

 医療費が高額になる場合、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けられることをおすすめします。

 ●限度額適用・標準負担額減額認定証とは・・・
 
被保険者証と一緒に病院などの窓口へ提示することで、窓口での支払いが所得に応じた自己負担限度額までになります(食事代、ベッド代等を除く)。

 なお、70〜74歳までの方に関しましては、所得に応じて手続きが不要なことがあります。

認定証の交付手続

 鳥栖市国民健康保険被保険者の方は、鳥栖市役所国保年金課での申請が必要です。

対象

 国民健康保険税を滞納していない国民健康保険被保険者

持ってくるもの

 保険証、印鑑(世帯主のもの、認め可)、身分証明書(免許証等)

その他

 社会保険などに加入している方は、加入している健康保険組合にご相談ください。

 現在交付済みの認定証の有効期限は7月31日までです。引き続き必要な場合は、7月中に更新の手続きをしてください。

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 国保年金課 健康保険係
電話番号 0942-85-3582
e-Mail hoken@city.tosu.lg.jp
更新日:2018/6/25