ミス・インターナショナル2012 吉松育美さんインタビュー

昨年10月、沖縄県那覇市で開催された2012ミス・インターナショナル世界大会。

75の国と地域の代表の中から、「ミス・ジャパン」の呼び声で世界一に輝いたのが、鳥栖市出身の吉松育美さんです。

世界一の報告に地元へ戻った吉松さんに、大会での感想や鳥栖への思いを伺いました。

取材日:平成24年12月1日(土) 

地元、鳥栖での優勝報告に涙が出そう

―先ほどサガン鳥栖のパブリックビューイングであいさつをされましたが。

(吉松さん)泣きそうになりましたね。鳥栖の人は私のことをミス・ジャパンになってから知ったのではなく、小さい頃、それこそ0歳から知ってる人もいますから。

そんな人たちが「育美のおかげで幸せになった」「勇気をもらえた」と言ってくれるのがうれしくて。

やっぱり地元がなくては東京で生活できなかった。そんな場所に帰って優勝を報告できるのは、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

世界一になって「育美が遠くに行きそう」「遠い存在になっちゃってヤダ」って言われることもあります。私は変わらないのに、タイトルを取ったために周りが緊張したり…。

「私も鳥栖の人だよ」という気持ちは世界一になっても変わりません。いつもそういう気持ちです。だから私は「遠い存在」にはなりません。

 

最終審査で呼ばれたときはもう真っ白

―世界大会で優勝が決まった瞬間はいかがでしたか。

(吉松さん)世界大会の最終審査で、「5位、4位…」と呼ばれるときの心境は不安と自信でぐちゃぐちゃでした。

その中で「ミス・ジャパン」と呼ばれたときはもう真っ白。と同時に「やっとかなった」という思い。達成感でいっぱいでした。
家族や応援してくれた人たちとステージでハグして、喜びを分かち合えたのは一生の思い出です。

実は、もうあんまり覚えていません(笑)。あまりに衝撃的で。

でも2011年のミス・インターナショナルから冠をもらった瞬間と、その冠の重さは忘れられません。

 

世界大会の写真:社団法人国際文化協会提供

この舞台で優勝するために努力してきた

―世界のミスたちと競う中で、ここは「負けない」と思ったところはありますか。

(吉松さん)今回の世界大会の開催が日本ということで、「開催地だから優勝した」と思われないように「完璧」を目指して行動しました。

審査の対象となる活動期間の3 週間には、いろんな審査項目がありますが、たとえば集合時間には絶対遅れないようにしました。むしろ早い時間に行く。洋服やジュエリーもあらかじめコーディネートしていて、時間がないときも、きちんとしたファッションで行けるようにしていました。

世界大会では一芸を披露する項目もあるんですが、例えば、これまでのミスは日本舞踊を踊ったりとかしていたんです。でも、私はあえて違うパフォーマンスをするために、トレーニングを積んで臨みました。

日本が開催地なのでリーダーシップをとって「日本はこういうものだよ」と紹介できるように心掛けていました。そういうところは絶対見られていますから。

優勝したときうれしかったのが、周りのミスたちも祝福してくれたことです。前の晩も「育美が優勝する」と言ってくれたミスたちがいっぱいいて。お世辞かもしれないけど、それがもう、うれしくて。

私が頑張ってきたってことを、みんなも分かっていたんだなって。

 

「鳥栖」は私にとって特別な存在

―吉松さんにとって鳥栖の魅力を教えてください。

(吉松さん)私は鳥栖市観光大使も務めていますが、やっぱり鳥栖の人ってすごく親切だし、温かい。

私は今、都会に住んでいますが、鳥栖は車を走らせると10分で山に行けて大自然に囲まれる。そして鳥栖は便利ですね。博多に近い(笑)。豊かな自然と便利さを合わせ持つところも自慢できるところですね。

あと春には九州国際重粒子線がん治療センターという素晴らしい医療施設ができますし、もちろん交通の便もいい。いろんな意味で人が集まりやすく、そこは鳥栖の魅力だと思います。

鳥栖は私にとって原点、いつでも帰ることができて、いつでも温かく迎えてくれる場所。弱音を吐く場所ではないんですが(笑)、特別な存在なんです。

鳥栖の皆さんにはいつも応援してほしいし、私も皆さんの応援を忘れません。これからも応援をお願いします。

 

 

吉松育美さん プロフィール

1987年6月21日生まれ。鳥栖市出身。

趣味はランニング、ヨガ、読書、映画鑑賞。特技は英会話。

2011年、ミス・インターナショナル日本代表選出大会で優勝。

2012年、鳥栖市観光大使に就任、鳥栖市市民栄誉賞受賞

同年、ミス・インターナショナル世界大会で優勝。

 

吉松育美さんの情報はこちら

Ikumi Yoshimatsu Miss International2012 Official Website

(外部リンク)

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 企画政策部 情報政策課 広報統計係
電話番号 0942-85-3513 ファックス番号 0942-82-1994
e-Mail jouhou@city.tosu.lg.jp
更新日:2013/1/7