WEB提案箱&市民提案箱に提案された内容と回答(平成25年度)

 

鳥栖市公式ホームページ「WEB提案箱」にお寄せいただいたもの及び市内各施設に設置の「市民提案箱」にご投稿いただいたものの中から抜粋し、概要をご紹介いたします。

 

提案内容(34)

平成26年3月31日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 夫婦共働きです。以前、こちらの提案箱に病児保育の開始をお願いする投稿があり、「現段階では予定していない」という回答でしたが、その方針は変わらないのでしょうか。

 久留米市には、3つも病児保育の施設があるのにも関わらず、鳥栖市には1つもありません。子どもが具合が悪い時はそばで看病してあげたいのは山々ですが、絶対に休めない日などは本当に困っています。

 久留米市の友人は「病児保育に本当にお世話になっている」と言っています。どうか病児保育の施設を作っていただけないでしょうか。切実なお願いです。

市回答内容(34)

【回答:こども育成課】

ご指摘のとおり、現在鳥栖市には病気発病中のお子様をお預かりする病児保育は、利用人数、看護の人員体制等の理由から実施しておらず、病気の回復期のお子様をお預かりする「病後児保育」を1箇所(レインボー保育園)で実施しているところです。

本市では、平成27年度から始める新たな子ども・子育て支援制度に対応するため、昨年12月に市民の皆様に子育てに関するアンケート調査を実施し、病児保育の利用意向についてもお伺いしました。

また、保護者の方から直接意見を聞く場として「鳥栖市子ども・子育て会議」を設置し、今年度中を目途に、子育て支援当事者のニーズにあった新たな子育て支援事業の提供を検討しているところです。

 病児保育につきましても、保育所、医療機関とも連携し鳥栖市にとって実施可能な事業形態を検討していきますので、ご理解いただきますようお願いします。

提案内容(33)

平成26年3月7日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 鳥栖市のホームページを見ていると、不妊相談や不妊治療費助成に関する項目がありません。

 鳥栖市は人口も多く、あまり少子化の心配はないようですが、子作りの係を立ち上げていただけないでしょうか。

 痛くて辛くて悲しい治療を続けていく力になるのが、費用の助成です。「授かりものだから」、「命を物のように」、「贅沢な考え」など、様々な意見を聞きますが、不妊治療を受けている人にとっては、0を1にする大変さを誰かに助けてほしいのです。

 ぜひ、係などを設置いただき、助成金の予算については議会等でご検討ください。

市回答内容(33)

【回答:健康増進課】

 まず、不妊治療の費用助成につきましては、現在、議会で検討中でございます。申し訳ございませんが、4月以降に当課にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

 次に、不妊相談、子作り係などの専門窓口の設置につきましては、現段階では設置予定はございません。不妊治療に関する相談を御希望の場合は、下記の相談窓口を御利用いただきますようお願いいたします。

 ・佐賀県不妊専門相談センター(佐賀中部保健福祉事務所)

   佐賀市八丁畷町1−20  TEL:0952−33−2298

 ・鳥栖保健福祉事務所

   鳥栖市元町1234−1   TEL:0942−83−2172

提案内容(32)

平成26年1月15日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 市内に、子どもが遊べる場所が少ないと思います。市民体育館や小学校などの体育館を一般開放し、卓球やバドミントンが行えるようにしたらどうでしょうか。ご検討お願いします。

市回答内容(32)

【回答:スポーツ振興課】

現在、鳥栖市民体育館では、水曜日・土曜日正午から大人100円、小中学生50円で個人利用者への開放日を設けており、卓球・バドミントン等での使用が可能ですのでぜひご利用ください。

ただし、大会および、大会準備のため、開放日のご使用が出来ない場合もございますので、ご了承ください。

 今後とも市民の方々に利用しやすい条件面の整備に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

提案内容(31)

平成26年1月14日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 下野町、三島町から長門石橋に出るまでの間、堤防道路に歩道がありません。JR線の高架下付近からでも構いませんので、歩道を設置していただけないでしょうか。大型車の交通量が増える可能性(下野町工場地域建設予定)もありますし、本当に恐ろしく利用しています。運転する場合でも歩行者の存在が、もの凄く危険に思えてなりません。
 久留米市との兼ね合いがあるかもしれませんが、ご検討下さい。

市回答内容(31)

【回答:建設課】

 ご提案いただきました下野町、三島町から長門石橋にいたる堤防の道路につきましては、国において河川管理用道路として整備がなされ、その一部を鳥栖市が占用するかたちで市道認定を行っているところです。

 ご指摘のとおり、当該道路については久留米方面等へ抜ける道路となっており、車両の通行も多いことから、市といたしましても国に対し当該道路の整備要望を行っているところであり、今後とも要望を続けてまいりたいと考えております。

また、現状の道路における交通安全対策といたしまして、中央線、外側線等の路面表示を行うなどの対応を行い、住民の皆様が安全に通行できるよう努めてまいりたいと考えております。

以上、ご理解賜りますようお願いいたします。

提案内容(30)

平成25年12月27日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 鳥栖市イメージキャラクター「とっとちゃん」の活動自粛の間に、着ぐるみの「目」の部分を修正してはいかがでしょうか。キャラクターのモデルである「メジロ」の目の周りの白い部分は、いわば模様だと思いますが、着ぐるみでは白い部分が立体的に盛り上がっています。“四白眼”を強調する必要はないと思います。

市回答内容(30)

【回答:総合政策課】

 鳥栖市イメージキャラクターに関する不祥事を事前に把握し防ぐことができなかったことで、とっとちゃんを気にかけて下さっている皆様を失望させてしまったことに対し、深くお詫び申し上げます。今後は、二度とこのような不祥事が発生しないよう、管理を徹底してまいります。

それでは、ご意見いただきました件につきまして、次のとおり回答いたします。

鳥栖市のイメージキャラクターとっとちゃんについて、現在のところ、着ぐるみの仕様を修正する予定はございません。

とっとちゃんは、鳥栖市市制施行50周年を記念して誕生して以来、Jリーグサガン鳥栖ホームゲームをはじめとした様々なイベントに出演し、子どもから大人まで多くの来場者に親しまれており、現在のデザインが広く定着しております。

キャラクターが誕生し10年近く経過していることもあり、突然の着ぐるみの変更は今のとっとちゃんに愛着を持ち、応援して下さっている皆様に違和感を感じさせてしまうことになりかねないと考えております。

活動自粛期間が終了しましたら、鳥栖市のイメージキャラクターとして、これまで以上に一生懸命鳥栖市のPRに取り組んでいきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

提案内容(29)

平成25年12月10日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

(1)図書館の調べ学習コーナーが狭いと感じます。イベント等のない時には、図書館の2階を学習コーナーとして開放してほしいです。

(2)小学生が学習スペースとして気軽に利用できるよう、地区公民館を開放してほしいです。

市回答内容(29)

【(1)についての回答:文化芸術振興課】

日頃から鳥栖市立図書館をご利用いただき、ありがとうございます。

現在、図書館内にある「調べ学習コーナー」は、平成19年11月に設置し、24席利用できます。

今以上に席数を増やすことは、図書資料の展示等に影響をもたらすものと考えています。ご提案の2階部分の開放につきましては、利用目的が異なること、また職員が常駐していないため、事故等があった場合に対応が遅れることが考えられることから、調べ学習コーナーとしてご利用いただくことは控えています。ご理解の程よろしくお願いします。

なお、少し離れた場所ではありますが、サンメッセ鳥栖図書コーナーにも、学習コーナーを設けておりますので、よろしければご利用いただきますようご案内申しあげます。


【(2)についての回答:市民協働推進課】

まちづくり推進センター(旧地区公民館)を利用していただき、ありがとうございます。

まちづくり推進センターは、誰でも利用していただける施設ではありますが、自由に利用できるスペースと利用申請をして借りていただくスペースがあります。

自由に利用できるスペースは、いつでも開放していますので、こちらを是非利用してください。

提案内容(28)

平成25年12月10日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 市民体育館の横の川にゴミが散乱していて、とても汚いです。ボランティアを活用するなどして、川の美化に努めてほしいです。

回答内容(28)

【回答:佐賀県 鳥栖土木事務所】

一級河川薬師川におきましては、佐賀県が河川管理者となっており、洪水等による災害の発生を防止し、かつ適正な利用及び河川環境の保全がされるよう管理を行っているところです。

つきましては、提案の中でご指摘いただいておりますゴミについては、早急に回収を行います。

また、管内の各河川の巡視の際にも、よりきめ細かく巡視を行いたいと思っております。

提案内容(27)

平成25年12月9日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 家庭で、ゴミや枯れ葉などの焼却をされる方が多くいらっしゃいます。焼却時に発生する煙やにおいがきつく、窓を開けられない日もあります。また、夜中にゴミを燃やしている方もあり、火事なども心配です。ゴミを燃やすことが環境に悪いと分かった今、昔のままでいいのでしょうか。市の対応策を聞かせてください。

市回答内容(27)

【回答:環境対策課】

紙類やビニール類などの家庭ごみの野焼き(野外焼却)は、一部の例外行為(家庭から出た枯葉の焼却など、たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの、田畑の雑草の焼却など農業・林業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却、河川管理のため伐採した草木の焼却など国や地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却等)を除き、法律によって禁止されています。

そのため、市民の方から野焼きをしているとの連絡を受けた場合、職員が速やかに現地に向かい確認のうえ、指導等を行っています。

もし、野焼きの行為で迷惑がかかっている場合は、環境対策課へご連絡いただければ、必要に応じて、原因者の方へ注意や指導を行ってまいりたいと考えております。

また、野焼きを未然に防ぐ対策として、これまでも市報やチラシ、ホームページ等で周知を行ってきましたが、再度周知を行っていきたいと考えています。

近隣に迷惑をかけるような野焼きが無くなるよう一層努めてまいりますので、ご理解とご協力のほどお願いいたします。

提案内容(26)

平成25年11月21日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 弥生が丘中学校をつくってください。今のままでは、300人ほどの子どもたちが、弥生が丘から田代中学校へ自転車通学することとなり、心配です。何かあってからの処置ではすまないと思います。

市回答内容(26)

【回答:教育総務課】

 現在、田代中学校には田代小学校、弥生が丘小学校、若葉小学校の卒業生が通っています。近年、特に弥生が丘小学校校区の児童数が増えており、田代中学校の生徒数も増加しているものの、現在の田代中学校の教室数で十分対応できると考えており、弥生が丘地区への中学校建設については、現在のところ予定しておりません。

 ご心配されている自転車通学につきましては、通学しやすい環境を整えるなど、子どもたちが安全に登下校できるよう取り組んでいるところです。具体的には、自転車の通行場所を一定確保するため歩道の樹木を伐採したり、田代小学校と田代中学校の通学路が重複しないよう見直すなどの取組を行っています。また、学校内で子どもたちへの通学指導や、関係者による見守り活動を行い、通学の安全確保に努めています。

 子どもたちが今後も安全に通学できるよう、状況に応じて取組を行いたいと思いますので、どうぞご理解くださいますようお願いいたします。

提案内容(25)

平成25年11月15日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 市議会選の選挙カーが市内をまわっていますが、スピーカーの音量をもう少し下げていただけないでしょうか。救急車のサイレンよりも大きな音では、体調の悪い方や音に敏感な方は非常に迷惑かと思います。
 また、時間帯も20時までと決まっていますが、18時以降はほとんどの家庭が団欒の時間だと思います。18時以降は音量をさらに小さくしていただきたいです。(テレビの音が聞こえませんし、仕事終わりで疲れている方もいます。)
 名前を知ってほしい!投票してほしい!という候補者の気持ちは分かりますが、市民のことを最優先に考えた選挙活動をしていただきたいです。

市回答内容(25)

【回答:選挙管理委員会事務局】

候補者が選挙運動用自動車から拡声器を使い名前を連呼したり、あるいは拡声器を使用して街頭で演説をしたりすることは、公職選挙法で定められた候補者ができる選挙運動の方法の一つでありまして、午前8時から午後8時までの間に限り認められており、学校、病院等療養施設周辺で静穏に努めるほかは、音量の規制はされておりません。

 候補者にとっては法律で定められた範囲内で選挙運動をしておられるところであり、選挙管理委員会から音量の規制を行うことはできないため、騒がしいとご批判を受けることもありますが、選挙運動期間中、市民の皆様にはご理解をお願いいたします。

提案内容(24)

平成25年10月31日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 『熊襲は列島を席巻していた』(内倉武久著・ミネルヴァ書房・H25/9/30刊)に、「四世紀前半に鳥栖市に景行天皇の都があった」という記事があります。著者に頼んで、表題の記事を鳥栖にそくした記事にしてもらい、市報にでも掲載してもらえたらと思います。
 また、記事の中に出てくる「鳥栖市酒殿西町」とはどこでしょうか?「真木」とは真木町のことでしょうか?

市回答内容(24)

【回答:生涯学習課】

 まず、今回のご提案について、内倉氏へ執筆を依頼するのは難しいかと思われます。

・内倉氏に原稿を依頼すれば、執筆料や謝礼金などの予算が必要になります。

・また、これまでの埋蔵文化財の発掘調査や近年の鳥栖市誌の編さんでは、鳥栖市に景行天皇の都があることを示す資料を知り得ていません。

・なお、景行天皇の巡幸伝説は各地に見ることができ、鳥栖市域については、『肥前国風土記』の基肄郡と養父郡の項でみることができます。

・これについての考察は、『鳥栖市誌』第2巻「原始・古代編」P276〜279に掲載しています。

 次に、地名のお尋ねについて回答いたします。

・「鳥栖市酒殿西町」について、記事にもあるとおり『肥前国風土記』基肄郡の項にある「酒殿の泉」がある所で、現在では酒井西町、酒井東町周辺に比定されています。

・「真木」について、景行天皇(和風諡号:大足彦天皇)が政務を執った纏向日代宮御宇の「纏」が「真木」で巨木であったと記事にはあったようですので、「真木町」とは関係ないようです。

提案内容(23)

平成25年10月16日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 現在、地域単位で、資源ゴミの立ち番を行っていますが、当初数年の予定だったと記憶しています。その後、鳥栖市として方針を出しているのでしょうか?地域に一任しているのでしょうか?正直、共働き世帯が多い現在において、立ち番は、各家庭の負担になっていると思います。
 そもそも立ち番は必要でしょうか?必要であれば、もっと時間を短縮する、早朝にする、などの変更がないと難しいです。

市回答内容(23)

【回答:環境対策課】

各町区で毎月行っている資源物回収の際の立ち番制におかれましては、資源物の円滑なリサイクルのため、地域から集められた資源物の分別を地域のみなさまのご協力で行って頂くよう、市が各町区にお願いをしております。

ただし、実際の立ち番の管理運営は町区に任せておりますので、回収時間の変更等のご要望は、お住まいの町の区長さんに出して頂くようお願いいたします。

現在、町区での資源物回収量は増えており、立ち番の方を含む地域のみなさまのご協力が欠かせないものになっております。

ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

提案内容(22)

平成25年10月15日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 市役所内にあるATMの開始時間を、8時45分に変更してください。

市回答内容(22)

【回答:契約管財課】

 ご意見を頂きましたATMの運用は佐賀銀行が行っており、現在9時より開始されています。今回の要望については、佐賀銀行に検討してもらうようお伝えいたします。

提案内容(21)

平成25年10月11日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 とす市民活動センターは、市内で活動するボランティアの方々と交流し、情報交換できる、有意義な場所です。

 しかし、ボランティア活動に必要な資料作りに使用するパソコンの機能が悪く、更新を検討していただけないでしょうか。

市回答内容(21)

【回答:市民協働推進課】

日頃より、とす市民活動センターをご利用いただきありがとうございます。

市民向けのパソコンにつきましては、平成19年、とす市民活動センターが開設した際に、NPO、ボランティア活動を実践されている方をはじめ、これから市民活動をはじめようとされている方々の文書作成等を援助する目的のために、補助金を利用して購入したものです。パソコンのバージョンにつきましては、当時のモデルであったXPとなっているため、動作環境につきましては、後発のモデルに比べて性能が劣ることにより、御不自由をおかけしていることと存じます。

ご指摘のパソコンの更新につきましては、出来る限り検討を行いまして、今後とも施設の整備充実、利用しやすい環境整備に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

提案内容(20)

平成25年10月9日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

(1)鳥栖駅周辺の舗道にある大きなコンクリート作りのプランターに四季折々の花が寄せ植えされていますが、手入れ不足のようです。プランターごとに、一般の方々から花管理希望者を募って、鉢植えコンクール等で表彰すれば、町おこしとしても盛り上がるのではないでしょうか。

(2)「とっとちゃん」に“妹”を設けて、住所を「とりごえ荘」などに設定すれば、鳥栖の観光への展開も期待できるのではないでしょうか。

(3)コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森に、清掃ボランティアを募集してみてはどうでしょうか。多くの方に、鳥栖の素敵な場所を知っていただく機会になると思います。

市回答内容(20)

【(1)についての回答:都市整備課】

 ご指摘いただいたプランターについて、鳥栖市では現在、年間契約で業者に委託しており、鳥栖市と商店街とで管理をさせていただいております。今年は天候の影響もあり、プランターの花の傷みが顕著だったのかもしれません。今後については、適切な管理に努めてまいりたいと思います。
 また、ご要望いただいた、一般の方に花管理希望者を募る件についても、検討させていただきます。

【(2)についての回答:総合政策課】

鳥栖市のイメージキャラクターとっとちゃんについて、現在のところ、妹が誕生する予定はございませんが、サガン鳥栖の「ウィントス」や、久光製薬スプリングスの「ハルちゃん」など心強い仲間がおり、様々な形で鳥栖市のPRに取り組んでいます。

平成19年には市内小学生がとっとちゃんの絵本を制作し、平成24年には上記のマスコットとともに特別住民票が交付されました(住所は宿町1118番地)。

また、各種団体等により色々なとっとちゃんグッズが製作されており、皆様に愛されるキャラクターとして育まれているところです。

今後も、鳥栖市のイメージキャラクターとして、一生懸命鳥栖市のPRに取り組んで行きたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【(3)についての回答:農林課】

 鳥栖市としては、ボランティアの募集予定はありません。現在、コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森周辺では、「河内ダム周辺環境林サポーター連絡協議会」がボランティア団体として森林保全を中心に活動されており、一般の方の参加も可能とのことです。今後は森林整備に努め、自然環境を保護していきたいと考えており、清掃ボランティアの募集についても検討していきたいと考えます。

 市民の森については市報、ホームページで随時紹介していきたいと考えます。

提案内容(19)

平成25年10月9日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 神辺の高速バス停付近について、夜は暗いので街路灯をつけてほしい。

市回答内容(19)

【回答:建設課】

 ご指摘いただいた道路の状況を夜間に確認したところ、バス停近くは街路灯4基が設置されており、十分な明るさを確保しているところです。しかし、バス停から国泰寺インター方面へ下ったところは、ご指摘のとおり道路わきの樹木が街路灯の光を遮り、一部暗い場所がありました。対策として、樹木の枝落し等の対応を検討したいと考えております。また、バス停から下る道路と国泰寺インターからの道路との交差点付近の街路灯の位置を変更し、暗い部分を減らすように改善を図りたいと思います。

提案内容(18)

平成25年10月1日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 現在鳥栖市には、サッカーの公式戦を行える運動公園がありません。北部グラウンドは、サガン鳥栖専用グラウンドとなり、小中学生が活動する場が限られているように感じます。上峰町や基山町には、大きな運動公園が整備されております。サッカーに限らず、少年野球や社会人が運動する場の整備をもう少し頑張ってもらいたいと思います。

市回答内容(18)

【回答:スポーツ振興課】

日頃より、鳥栖市内の体育施設をご利用いただきありがとうございます。

ご指摘の鳥栖市内の体育施設につきましては、老朽化が進んだものが多く、施設の修繕・改修等と合わせて検討してまいりたいと考えております。

今後とも、施設の整備充実、利用しやすい条件面の整備に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

提案内容(17)

平成25年9月17日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 鳥栖市を縦断する県道17号線は、サガン鳥栖のサポーターNo.17と何かの縁を感じます。
 そこで、ご提案ですが、県道17号線に「サガン鳥栖ロード」と別称(公称)をつけることはできませんか?今後、サガン鳥栖が県民に愛され続けるために、比較的安価で容易な方法と考えます。

 具体的には、公称認定と標識の設置について、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

回答内容(17)

【回答:佐賀県道路課】

 道路には道路法にもとづく路線名がつけられていますが、必ずしも県民の皆さまに親しみのあるものではありません。それよりも、例えば「駅前通り」や「国体通り」といった地域の歴史や特色を背景に呼ばれるようになった道路の愛称の方が、地域の皆さまにとっては親しみがあると思います。
 ご提案のとおり、サガン鳥栖のサポーターNo.17と同じ路線番号の県道(久留米基山筑紫野線)が鳥栖市にあることは不思議なものを感じます。また、道路に別称(愛称)をつけることで、県民の皆さまに、道路に対する親しみや愛着を持っていただくことも期待できると考えています。
 しかしながら、道路に別称(愛称)をつけるのかどうか、また、どのような名称が良いのか、といったことは、何より、その道路を身近に使われる地元の皆さんの想いから生まれてくるものではないでしょうか。県道17号線について、地元の皆さんから愛称をつけたい、といった声が盛り上がり、愛着をもって呼んでいただければ、道路を管理する県としても大変喜ばしいことです。
 このため、今回のご意見についてどのように考えるのか、まずは鳥栖市や基山町と協議したいと思います。

提案内容(16)

平成25年8月14日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 市では、毎月初めの開庁日に、市役所玄関前で放射線量の測定を行い、その結果を市ホームページにて公表していますが、この測定にはどのような目的があるのでしょうか。

市回答内容(16)

【回答:総務課】

 鳥栖市役所での毎月1回の放射線量の測定につきましては、測定するモニタリングポストの機器の動作点検及び操作方法の確認と、平常時の放射線量の数値の把握を目的として実施しています。

 測定に使用していますモニタリングポストは、佐賀県から県内全市町に配備されているものです。

 原子力災害等の非常事態が発生した場合には、県からの指示を受けて、あらかじめ定めた地点(市役所職員玄関前)で放射線量の測定を行うようになっています。非常事態発生時に、迅速に測定を行うためには、平常時からの機器の作動確認や職員の操作方法の習熟が必要となります。また、測定地点の平常時の放射線量の数値を把握しておくことにより、緊急時に測定した数値がどの程度異常な値であるのかを比較しやすくなります。

 以上の目的で、月1回の測定を実施しています。

提案内容(15)

平成25年8月13日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 陸上競技場周りの道路は、市で管理していると思いますが、路上駐車が多いことが気になります。これらは、散歩やジョギングの妨げになっていますが、駐車違反ではないので、警察で取り締まることはできません。周囲に警告板を設置するなどの対応をお願いできませんか。

市回答内容(15)

【回答:スポーツ振興課】

日頃より、鳥栖市陸上競技場をご利用いただきありがとうございます。

ご指摘いただいております件につきましては、ジョギング等で利用されている方に対し、マナーの徹底等注意喚起を促してまいりたいと考えております。

今後とも、施設の整備充実、利用しやすい条件面の整備に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

提案内容(14)

平成25年7月30日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

(1)安全性の観点から、資源物広場が市役所駐車場から衛生処理場へと移転されましたが、資源物広場から帰る際に右折で出る車が多く、道路が渋滞気味となっています。資源物を出しに行くたびにヒヤッとすることが多いので、安全性の観点から、広場入口に点滅信号機(出庫車用の反応式込)を設置していただけないでしょうか。
(2)山浦パーキングエリアにスマートインターチェンジを設置していただけないでしょうか。橋本市長一期目の公約だったと思いますが、最近は、国道3号線にばかり目が向いているように感じます。福岡県や国との整合性があるのかもしれませんが、もっと市民のことに目を向けることも必要と思います。二期目の公約では出てなかったようですので、何らかの事情があって公約実行が困難だったのならば、その旨市民へ周知していただけると助かります。

市回答内容(14)

【(1)についての回答:環境対策課】

 資源物回収広場をご利用いただきありがとうございます。

 今回ご提案いただきました信号機(点滅信号を含む)の設置につきましては、警察及び公安委員会の所管となります。市から鳥栖市交通対策協議会を通して警察に要望書を提出し、最終的には公安委員会が設置するかどうかの判断を行います。

資源物回収広場は、今年4月に衛生処理場に移転して以降、利用者数は徐々に増加していますが、朝夕など通行量が増える時間帯があるものの、現時点で信号機設置が必要とまでは考えていません。

今後も利用者数の増加を見込んでおり、利用状況を見守りながら、必要に応じて交通量の調査や地元、関係機関との協議を行い、信号機設置の要望の必要性を判断していきたいと考えています。

少しでも市民の皆様に利用しやすい資源物回収広場となるように努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


【(2)についての回答:国道・交通対策課】

 スマートインターチェンジの設置につきましては、周辺地域の産業・観光・生活面における利便性及びアクセス性等の向上が見込まれ、導入により高速交通体系の充実が図られることが考えられます。

しかしながら、スマートインターチェンジの検討につきましては、周辺道路からのアクセス性が大きく影響するため、本市の道路交通体系に最も重要な国道などの主要基幹道路の整備の方向性によっては、将来の交通需要や交通体系が大きく変化し、スマートインターチェンジ設置の最適箇所やアクセス道路の状況も変化する可能性が大きいことから、国道整備など本市の広域移動に必要な施策の整備計画など、今後の動向を見極めながら慎重に検討を進める必要があると考えております。

 ご理解の程よろしくお願いいたします。

提案内容(13)

平成25年7月23日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 市民体育館のトレーニング室を利用しています。トレーニング器具(トレッドミル)には、点検時期の目安がありますが、市で調整・点検はなされていますか。老朽化は仕方ないので、点検をお願いします。

 また、トレーニング室は、設備の汚れや部屋全体のホコリがひどいです。せめて年に1度は、大掃除をしてもらえませんか。あの汚れの中でのトレーニングは、健康にも悪いと思います。

市回答内容(13)

【回答:スポーツ振興課】

日頃より、トレーニングルームをご利用いただきありがとうございます。

ご指摘いただいておりますトレッドミルの点検につきましては、これまで年3回の定期点検を行っており、平成25年度も同様でございます。器具の修繕につきましては、不具合等が発生した際には、できる限りスピーディーな対応を行っていきたいと思います。

また、ご迷惑をおかけしております、トレーニングルーム内の清掃につきましては、早急な対応を行うとともに、今後は、時期を定め定期的な清掃を行ってまいります。

 今後とも施設の整備充実、利用しやすい条件面の整備に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

提案内容(12)

平成25年7月22日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 鳥栖市内の陸上部の中学生は、競技場を使用する際、毎回1時間かけて小郡の陸上競技場まで行きます。理由は、鳥栖の陸上競技場の利用料金が高いからです。鳥栖市民なのに、鳥栖の陸上競技場を使えません。利用料を安くしてください。

市回答内容(12)

【回答:スポーツ振興課】

 日頃より、鳥栖市陸上競技場をご利用いただきありがとうございます。

 体育施設利用料は、施設の整備・維持管理には多くの経費が必要なことから、施設利用の方々に一定のご負担をいただいております。

 ご指摘いただいております、施設の整備充実、利用しやすい条件面の整備に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

提案内容(11)

平成25年7月19日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 市民アーチェリー場を利用していますが、トイレに障害者用の手すりがないため、代わりに競技場のトイレを利用しています。アーチェリー場トイレの大便器に、障害者用の手すりを設置してもらえないでしょうか。アーチェリーは、健常者と身体障害者が一緒に楽しめるスポーツであり、今後も当施設を利用したいと思っていますので、よろしくお願いします。

市回答内容(11)

【回答:スポーツ振興課】

 日頃より、鳥栖市民アーチェリー場をご利用いただきありがとうございます。

 市内の体育施設につきましては、施設利用者の方々に一定のご負担をいただき施設の維持管理に努めております。

 ご指摘のトイレ内の手すりの設置につきましては、今後、施設の改修・整備時に障害者の方々が利用できるよう検討してまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

提案内容(10)

平成25年7月19日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 「大官中央」の交差点から国道34号線に向かう歩道が整備されておらず、高齢者が押し車を押して歩く際に危険です。整備・改良の予定はありませんか。

市回答内容(10)

【回答:建設課】

 市道 田代大官町・萱方線の大官中央交差点西側でございますが、歩道はあるものの、幅員が狭くなっている箇所もあり、満足な幅員が確保できていないのが現状です。

 ご提案いただいております歩道の整備については、新たな歩道用地が必要となり、隣接される方々から歩道用地を提供することについて了承を頂く必要もあり、現状では難しいものと考えております。

 今後、現状の中で、どのような安全対策が図れるのか検討したいと考えておりますので、ご理解頂きますようお願い申し上げます。

提案内容(9)

平成25年7月11日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

 最近、ごみ収集車の作業員さんが、走ってごみを集めているのを見かけますが、以前は車の後ろに乗って集めてありました。暑い中の作業なので、倒れられないか心配です。

市回答内容(9)

【回答:環境対策課

 鳥栖市の塵芥収集運搬業務は、現在、市内の会社に委託しており、実際には、委託業者で雇われた作業員さんに、ごみを収集してもらっています。

 確かに以前は、しばしば、収集車の後部立ち乗りの姿を見受けましたが、安全上の問題もあり、最近は、後部立ち乗りは禁止するようお願いしております。

 ご指摘のとおり、ごみ収集車に乗っておられる作業員さんの労働は過酷なものです。日頃より委託業者様には作業員の方々の健康面にも配慮しつつ安全に業務を遂行していただくようお願いしているところです。ご理解を賜りますようお願いいたします。

提案内容(8)

平成25年6月26日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

(1)沼川の34号線より下流の除草はいつ頃ですか。道幅が狭くなるため、除草してもらいたい。
(2)新鳥栖駅より、会員制高速バス(乗り放題)の運行を検討してみてはどうでしょうか。長崎県平戸市の社団法人YOKAROが運営しているのを参考にしてください。かなりの宣伝効果が期待できるはずです。

市回答内容(8)

【(1)についての回答:建設課】

沼川の道路沿いの除草は、7月上旬に実施しました。

河川の道路沿いの除草につきましては鳥栖市が年間2回実施しており、例年、1回目は6月〜7月頃、2回目を10月頃に実施しております。河川内の法面については鳥栖土木事務所が年間1回(7月頃)除草を実施しております。

雑草が伸び道幅が狭くなった状況でご迷惑をおかけいたします。上記のような予定となっておりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

【(2)についての回答:商工振興課】

ご提案があった件について、YOKAROの運行会社に問い合わせたところ、新鳥栖駅等、鳥栖市内に停車するためには、現在の路線では、高速道路から一般道路に接続する場合の時間のロスや乗降客の確保等の問題があり、新鳥栖駅を停車場とすることは、難しいとの回答がありました。

本市といたしましては、多くの方に鳥栖を訪れていただくことが、地域の活性化の一つの方法であると考えており、また、広域移動手段として、新鳥栖駅の機能向上や利便性の向上を図ることが重要であると考えております。

 そのためには、旅行会社や運輸会社等、多くの民間企業が力を発揮していただくことが必要と考えております。

提案内容(7)

平成25年5月27日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】 

 職員採用試験の受験年齢制限について、質問とお願いがあります。
 社会人として培った経験を活かし公共性のある仕事に就きたいと考えている知人がいますが、鳥栖市の採用試験は年齢制限で受験できない状況です。
 都市部近郊では、35歳まで受験可能にするなど、年齢制限を大幅に緩和した自治体もあると聞きます。
 鳥栖市では、受験年齢制限についてどのようにお考えでしょうか。年齢制限を緩和することにより、従来よりさらに優秀な人材を採用し、それが行政の質の向上にも繋がると思います。

 このような理由で、受験年齢制限の緩和を希望します。ご検討をよろしくお願いします。

 市回答内容(7)

【回答:総務課】

 本市職員採用における年齢制限緩和については、現在のところ考えておりません。

現在の本市の採用試験については、例えば、一般事務職は29歳まで、保育士は34歳まで受験可能としており、県内及び近隣各市の年齢制限と比較いたしましても、遜色ない内容です。

 例えば、本市の職員募集に対し応募者が非常に少ない状況等があれば、年齢制限を緩和し、もっと多くの人材を集めることが必要ですが、現状は、毎年多くの方に受験をしていただいております。

また、本市の組織運営上、職員の年齢構成のバランスを取ることが必要であり、さらに採用後の人材育成期間の確保という観点から、現在の年齢制限が適当であると判断しております。

 なお、都市近郊部の自治体において年齢制限を大幅に緩和されているとのことですので、今後、他自治体との情報交換等を実施しながら、より適正な運用ができるよう努めてまいりたいと考えております。

提案内容(6)

平成25年5月10日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 鳥栖市陸上競技場の利用料金は、近隣の競技場と比較した場合、格段に高い設定となっています。小郡市陸上競技場は全天候型であり、3時間の利用で50円です。しかし、鳥栖市では、3時間利用した場合300円になり、小郡市の6倍の金額です。しかもアンツーカーのため整備も必要となります。市内中学・高校の陸上部も、小郡市を利用しているようです。せっかくの競技場が利用されずにもったいないと思います。

 条件面の整備は、費用がかかることではないので、ぜひ検討していただきたいです。今のままでは税金の無駄遣いではないかと思います。市民サービス向上の観点からも、早急な対応をお願いします。

 市回答内容(6)

【回答:スポーツ振興課】

 鳥栖市陸上競技場をご利用いただきありがとうございます。

 体育施設利用料は、施設の整備・維持管理には多くの経費が必要なことから、施設利用の方々に一定のご負担をいただいております。

 ご指摘いただいております、施設の整備充実、利用しやすい条件面の整備に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 提案内容(5)

平成25年4月30日

【市民提案箱】

【意見・提案要旨】

(1)この意見・提案を「市報とす」へ掲載してほしい。

(2)まちづくり推進センター(旧地区公民館・老人福祉センター)職員の任用期間は1〜2年とし、更新には勤務評価制を導入すべきだ。

(3)まちづくり推進センターの図書は貸出制にすべきだ。

 市回答内容(5)

【回答:市民協働推進課】

(1)についての回答

 「市民提案箱」及び鳥栖市ホームページの「WEB提案箱」へお寄せいただいたご意見・ご提案につきましては、提案者の承諾をいただいた上で、鳥栖市ホームページに掲載しております。(ただし、個人や団体を誹謗中傷する内容のもの、その他市政に関連のない内容のものについては除外します。)

 市報は、市民の皆様に市政の情報を提供するための最も身近で基本的な手段であると考えております。一方で、提案内容の公開が、市報の限られた紙面を使用して優先的にお知らせすべき対象ではないと判断しているところでございます。

 ご理解いただきますようお願いいたします。

 

(2)、(3)についての回答

 勤務評価制の導入につきましては、センター職員は1年任用としており、任用を更新する際には、勤務評定を行っております。なお、図書は貸出制ではなく、現在の方法とさせていただきます。

提案内容(4)

平成25年4月10日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 新しいリサイクルゴミ回収所に伺いました。入り口が分かりづらく、少々困りました。入り口に、もう少し大きな看板を付けてはいかがでしょうか?また、火曜日は引き続き8時まで開いていますので、できれば明るく目立つ感じの看板にしてみてはどうでしょうか?

市回答内容(4)

【回答:環境対策課】

 衛生処理場資源物広場の入口看板の大きさは、風で飛ばされないよう、歩行者の安全を考えて作っています。そのため、これ以上大きくすることは難しいと考えています。

 また、看板の矢印の部分に反射材を貼る等して、夜間でも看板が目立つようにする予定です。

 ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

提案内容(3)

平成25年4月8日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

(1)この時期、桜が咲いているのを見ると心がなごみます。鳥栖市にも桜名所はありますが、街路樹で桜並木通りを作るのはどうでしょうか?通りが華やぐと思います。
(2)高田町と安楽寺町は、小さな町なので、一つにしたほうがいいと思います。

市回答内容(3)

 

【(1)についての回答:国道・交通対策課】

本市の桜並木は、朝日山公園や田代公園、河内ダムの湖畔周辺などの樹木の生育環境に恵まれている山野や河川沿いの遊歩道などに整備されており、都市部の一般道路の街路樹としては、整備されていないのが現状です。

その要因の一つとして、一般道路の植栽は、生育環境に恵まれている山野と違って、自動車の排気ガスなど道路からの制約をうけるとともに、病害虫や人為的損傷による被害も多く過酷な環境にあることが考えられます。また、街路樹の樹種の選択にあたっては、植栽後の維持管理が容易で安価であることなども考慮しております。

そのため、街路樹としての桜並木の整備については、周辺環境の制約が大きく、維持管理が容易ではないことから、事業実施に向けた環境を整えることは難しい状況であると考えております。

ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

【(2)についての回答:市民協働推進課】

 高田町と安楽寺町には、それぞれ、これまでの成立の経緯、自治会としての歴史があります。

 高田町と安楽寺町を一つの自治会にするには、両町の住民の合意が必要であり、一つの自治会として運営していくための新自治会名、規約、財産の取り扱い、区長・役員の選出方法などを両町で協議し合意する必要があります。

 ご理解の程よろしくお願いいたします。

提案内容(2)

平成25年4月3日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 2013年4月1日より「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」(小型家電リサイクル法)が施行されました。鳥栖市において、対象となる物品がどのように回収されるのか、その要領を市ホームページで案内していただけないでしょうか。

市回答内容(2)

【回答:環境対策課】

 小型家電は、有用金属やレアメタルが含まれているため、使用済み小型家電のリサイクルは、資源の有効活用のため欠かせません。

 小型家電リサイクル法では平成25年4月1日から体制が整備できた市町村から順次開始することとなっていますが、鳥栖市においては、ごみを処理している鳥栖・三養基西部環境施設組合(※)が平成24年度に環境省から小型電子機器等リサイクルシステム構築協力地域の認定を受け、法施行に先行して試験的な小型家電のリサイクルに取り組んでいます。

 鳥栖・三養基西部環境施設組合では従来から収集した不燃ごみや粗大ごみを分解分別し、リサイクル可能なものを選別する仕組みが出来ています。

 小型家電の回収ではこの仕組みを利用するため、これまでのごみの収集方法からの変更はありません。市民の方のごみの出し方は変わりませんが、リサイクル可能な小型家電はリサイクルするために選別されています。

 まだ、試験的な段階ですので、市のホームページ等で広報はしていませんが、本格実施時にはホームページ等での広報を考えております。

 ご理解のほどよろしくお願いいたします。

※鳥栖・三養基西部環境施設組合:鳥栖市、みやき町、上峰町の1市2町が共同でごみの処理をしている組合。

提案内容(1)

平成25年4月1日

【WEB提案箱】

【意見・提案要旨】

 陸上競技場駐車場の看板には、駐車場利用時間が「午前9時〜午後9時」となっていましたが、午後7時を過ぎると、停めている車を出すように言われました。管理人の方に理由を尋ねたところ、「競技場が使用されている場合は午後9時までだが、使用されていない場合は午後7時まで」とのことでした。
 競技場の外周は非常に綺麗に整備されており、ウォーキング等で利用されている方も多くいます。これから日照時間も長くなりますが、午後7時閉鎖ではあまりにも早いように思います。また、近くには他に駐車場がなく、遠方から来場する場合に車以外では不便です。
 競技場が使用されていない時でも、駐車場を午後9時まで開場することはできないでしょうか。

市回答内容(1)

【回答:スポーツ振興課】

 陸上競技場の利用時間は午前9時から午後9時までとなっており、陸上競技場駐車場も事前に使用申請していただいている使用者がいらっしゃる場合は、午後9時まで開場いたしておりますが、住宅地に隣接しているため、保安や防犯の観点から、使用申請がない日は、午後7時に閉鎖いたしております。

 今後も利用者の方々のご意見を踏まえ、快く使用していただけるよう、努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 市民協働推進課 市民相談室 相談係
電話番号 0942-85-3576 ファックス番号 0942-83-3310
e-Mail kyoudou@city.tosu.lg.jp
更新日:2016/5/30