専業主婦・主夫の年金が改正されました

 「会社員の夫(妻)が退職した」や「妻(夫)の年収が増え、夫(妻)の被扶養者から外れた」などの場合、国民年金の被保険者の種別変更(3号から1号被保険者への変更届)が必要ですが、届け出が2年以上遅れた人は保険料の「未納期間」が発生し、年金が受け取れなくなる場合があります。

しかし、平成25年7月に専業主婦・主夫の年金が改正され、届け出が2年以上遅れた人も、手続き(特定期間該当届)を行うことなどによって、年金を受け取れるようになる場合があります。

対象となる人は、佐賀年金事務所(☎0952−31−4194)または、国民年金保険料専用ダイヤル(☎0570−011−050)へお問い合わせください。


 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
  鳥栖市役所 市民環境部 国保年金課 年金保険係
  電話番号 0942-85-3583 

e-Mail hoken@city.tosu.lg.jp

国民年金について
更新日:2016/4/22