鳥栖市生活自立支援センター

鳥栖市生活自立支援センターとは、生活に困窮してどこに相談したらよいか迷ったときに、相談していただく窓口です。

生活面の不安や悩みについて、相談員があなたと一緒に考え、様々な連携機関と協力しながら、解決に向けてお手伝いします。

一人で抱え込まずに、まずはお気軽にご相談ください。

相談内容については、支援に関係する連携機関以外への提供はいたしません。

 

支援の内容

自立相談支援事業

住居確保給付金

 相談を受けた支援員が、あなたにとってどのような支援が必要なのかを、あなたと一緒に考えて、支援プランを作り、定期的に相談に乗りながら、自立に向けた支援を行います。

 離職などで家賃の支払いが困難になり、住居を失ったまたは失うおそれがあり、収入基準額などの要件を満たしている人が、就職に向けた活動の支援を希望する場合、一定期間、家賃相当額(上限あり)を支給します。

 

※鳥栖市内にお住まいの方が対象です。

 

相談時間

 毎週月曜日〜金曜日(祝日、年末年始を除く)の午前9時から午後5時まで

 

 生活自立支援センターのチラシをダウンロード(PDFファイル:104.5KB)


 

ひきこもりの状態にある方やそのご家族への支援に向けて

 「ひきこもり」のことで、お困りごとはありませんか?

 あなたのそばに、相談できる場所があります。

 

 鳥栖市では、「ひきこもり」に関する相談窓口をご用意しています。

 ひきこもりは、誰にでも起こりえます。

「今さら…」「どうせなにも変わらない」とあきらめて一人で抱え込む前に、

「困っていること」や「気になっていること」など、

あなたのタイミングで、お気軽に鳥栖市生活自立支援センターにご相談ください。

 

Q どんな場合に相談すればよいですか?

A まずは、些細なことでも何でも、安心して相談してください。

  ご本人やご家族に寄り添いながら、お話をお聞きします。

  ・今は働いていなくて家にいる

  ・近所のコンビニなどには出かけるが、ふだんは一人で家にいる

  ・長年外に出ていない   など…

  お一人お一人の状況に応じて、関係機関の協力も得ながら、

  解決に向けての具体的な方法を一緒に考えていきましょう。

  あなたが一歩を踏み出したいタイミングで、

 「困っていること」や「気になっていること」など、お聞かせください。

 

Q 対象年齢はありますか?

A 年齢制限はありません。

  ひきこもりについて気になる方は、何歳の方でもご相談いただけます。

 

Q 家族が相談してもいいのですか?

A ご家族は、ひきこもりで苦しんでいるご本人にとって、一番身近な支援者です。

  ご家族の方もご相談ください。

 

Q 鳥栖市以外に住んでいますが、相談してもいいですか?

A 鳥栖市内にお住まいの方が対象です。

  鳥栖市以外に住まいの方は、お住まいの市町にお問い合わせください。

  佐賀県内にお住まいの方は、『佐賀県ひきこもり地域支援センター』にも

  ご相談いただけます。

 

 ひきこもり相談窓口のチラシをダウンロード(PDFファイル:122.1KB)

        

 【外部リンク】

佐賀県ひきこもり地域支援センター> さがすみらいのホームページにリンクしています。

厚生労働大臣メッセージ掲載ホームページ> 厚生労働省のホームページにリンクしています。

 

 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市生活自立支援センター(鳥栖市役所社会福祉課内)
電話番号 0942-85-8538  FAX番号 0942-85-2009

e-Mail fukusi@city.tosu.lg.jp

更新日:2019/11/27