平成27年3月定例会 一般質問

質問議員15人

 氏名

(会派)

 項目及び要旨

久保山日出男

(自民クラブ)

1.「次期ごみ処理施設建設」について

1.現在までの具体的な取り組み状況について

2.「次期ごみ処理施設」建設までのスケジュール計画概要について

3.「次期ごみ処理施設」の形態について

伊藤克也

(新風クラブ)

1.温水プールについて

1.温水プールを新たに整備される意図は

2.温水プールの概要、イメージについて

3.6月補正での予算計上の中身について

2.市民公園内の既存体育施設の整備・配置見直しについて

1.体育施設の利用・整備について

 ⑴市民プール

 ⑵市民球場

2.市民公園内の施設整備・配置見直し等を含む年次計画の必要性について

松隈清之
(天桜会

1.東西連携について

1.鉄道高架化事業の公約について

2.市長の橋上駅案の位置付けについて

3.JR、県とのコンセンサスについて

4.東西連携の考え方について

5.今後の進め方について

古賀和仁

(自民クラブ)

1.公約について

1.市政運営にあたり、公約を含めた基本的な考え方について

2.鳥栖駅周辺整備と東西連携について

1.整備の考え方および進め方について

2.基本構想の策定と検討委員会について

3.道路政策について

4.今後のスケジュールについて

3.環境行政について

1.あき家対策について

中村直人

(社会民主党議員団)

1.市長3期目の市政運営について

1.課題と対応について

尼寺省悟

(日本共産党議員団)

1.市長公約について

1.公約の重みについてどのように考えるのか

2.水道料金体系の見直し

 ⑴どのような見直しをしようと考えているのか

 ⑵いつから実施するのか

 ⑶財政的なうらづけは

3.東西連携 橋上駅、高橋、2つの中断している計画道路の整備について、どのように考えているのか

4.地方創生について

 ⑴自治体消滅論は虚構のシミュレーションでは

 ⑵少子化は非正規雇用の増大など雇用の不安定化、所得の減少などに一番の原因があるのでは

5.子ども・子育てについてどのような施策を考えているのか

⑴待機児童対策は公立保育所の整備を基本にすべきでは

⑵保育料は下がらないのか

⑶待機児童と入所待ち児童について

2.学校の整備について

1.本市の需用費は佐賀市や近隣自治体と比べ少ないと聞く。予算が少ない事が整備の遅れにつながっていないのか

2.12月議会で、鳥栖中などのトイレの整備や職員の休憩室の設置について速やかに検討すると答弁があったが、その後の経過は

3.今後、大規模工事が必要と考えている学校と、その時期は

国松敏昭

(公明党)

1.市長のローカルマニフェストに示してあるビジョンについて

1.鳥栖駅周辺整備による鳥栖市中心部の活性化について

2.スポーツ施設充実で健康長寿日本一へについて

3.少子化ストップ・鳥栖からのチャレンジについて

4.土地の有効活用で産業活動環境の構築について

2.地方創生について

1.各自治体の地方創生「総合戦略」の策定について

藤田昌隆

(新風クラブ)

1.国家戦略特区について

1.国家戦略特区の概要について

2.国家戦略と都市計画との関連について

3.小郡市、基山町との連携について

4.これまでの経緯と今後の展望について

中川原豊志

(自民クラブ)

1.いじめ問題について

1.今回のいじめ問題について、提訴された鳥栖市としての考え方について

2.これまでの市の取組状況について

3.これからのいじめ問題についての市の取組について

2.公共施設改修計画について

1.公共施設の改修計画の状況について

2.スポーツ施設の充実について

3.温水プールの考え方について

3.少子化対策について

1.少子化対策の考え方について

2.婚活について

江副康成
(天桜会

1.まちづくり条例について

1.鳥栖市の都市整備におけるまちづくりの進め方について過去及び現状を確認しつつ、そしてこれからは先進地に学び住民提案制度など住民が主体的能動的にまちづくりに参加するまちづくりについてのルール化を検討していくべきときではないのかと思います。そのためにまちづくり条例を作ってみるのも有効な方法だと思いますが

2.市民党とは

1.橋本市長は今度の市長選に当たり市民党を掲げて再選されました。その意味するところをお聞きしたいと思います

久保山博幸

(自民クラブ

1.鳥栖駅周辺まちづくり計画について

1.鳥栖市長選の結果を受けて

2.本市の考える東西連携とは

3.検討委員会について

下田 寛

(新風クラブ)

1.鳥栖の強みの明確化について

1.鳥栖の更なる発展に向けて、必要なことは何かをデータを基に明確化する必要性について

2.人口増に対する宅地対策について

3.人材育成と新たな産業の開発について

 ⑴鳥栖に留まって仕事をするために、コンテンツ産業などの育成が出来ないか

2.鳥栖の観光戦略について

1.鳥栖ブランドの育成について

 ⑴既存のお祭りや名産品などを明確化し、ターゲットを絞ることで、さらなる地元ブランドの育成につながらないか

2.交通網などの導線を集客に繋ぐためのインフラ整備について

 ⑴既存の交通網と施設や地元店を繋ぐ導線を確保することで、観光メニュー化できないか

3.PRメディアの強化について

 ⑴情報発信について、更なる強化が求められるがその対策について

3.情報発信について

1.情報発信の現状について

 ⑴様々なツールを用いて情報発信を行っているが、その現状と課題について

2.オープンデータ活用の考え方について

 ⑴行政が持っている様々なデータの二次利用についての考え方について

3.スマートフォンを活用した官民の情報共有について

 ⑴市民協働の形として活用できないか

成冨牧男

(日本共産党議員団)

1.特別支援学級の生活指導補助員について

1.就学判定委員会について

2.進路決定の最終判断は誰が下すのか

3.特別支援学級設置の趣旨、目的を踏まえれば、現場の増員要請にこたえるべきではないか

2.市営住宅について

1.老朽化した市営住宅の保全計画について

2.風呂釜の設置について

3.まちづくり推進センター長の任用のあり方について

1.選考方法について

2.公募制をとらない理由について

3.公募制でこそ隠れた人材の発掘も可能になると思うがどうか

4.学校給食について

1.小学校給食センターの現状について

2.中学校給食について

飛松妙子

(公明党)

1.女性の活躍推進について

1.2020年に指導的地位に占める女性の割合30%との目標について、本市の考え方についてと今後の取り組みについて

2.女性が働きやすい環境整備についてとマタニティー・ハラスメント(マタハラ)の取り組みについて

3.女性特有の疾病予防対策、不妊治療・不育症に対する本市の取り組みについて

4.本市のセクハラ・パワハラについて

5.女性の支援相談窓口の創設について

2.特別支援学級の支援について

1.特別支援学級の支援の現状と支援員について

2.担任教師の専門性について

3.支援員の人材育成について

4.障がい児童相談窓口について

西依義規

(新風クラブ)

1.行財政改革について

1.市長の基本的な考え方について

2.行政改革について

1.経営革新度調査の概要について

2.経営革新度の個別指標について

3.行政改革の進捗と今後について

3.財政改革について

1.本市の財政状況について

2.今後の財政見通しについて

3.財政改革の進捗と今後について

 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 議会事務局 議事調査係
電話番号 0942-85-3612  ファックス番号 0942-85-3526
e-Mail gikai@city.tosu.lg.jp

更新日:2015/6/11