とれたて鳥栖産品

鳥栖の新鮮な食材などをご紹介します。

 

トウモロコシ(フルーツコーン)

産品の説明

 

トウモロコシは、ゆでたり焼いたりして食べることが多いですが、このフルーツコーンは粒皮もやわらかく、そのままでも甘いので、生で食べられるのが特徴です。

生産者はこの方

 

生産するのは、西依悦子さん(写真左はご主人の信弘さん)。フルーツコーンは約10年前から育てており、動物に食べられたり、虫が入らないようにすることが大変とのこと。「一から愛情を込めて育てるため、苗からではなく種から育てるようにしている」そうです。

ニガウリ

産品の説明

 

夏の代表的な農産物のひとつのニガウリは、栄養価が高く、夏バテ防止におすすめです。緑のカーテンとして日よけなどにも用いられます。

生産者はこの方

 

生産するのは、田中さんご夫妻です。定年退職後から生産されており、おいしいニガウリができるように工夫し、まめな手入れを欠かさないなど、丹精込めて作られています。他にも、ナスやキュウリなどの夏野菜の栽培も行っています。

ナス(大長ナス) 

産品の説明

大きくなると30cmから40cmほどの大きさになるという非常に大きいナスです。味が染み込みやすく、様々な料理に使われます。素焼きにして簡単な味付けで食べるのがおすすめです。

生産者はこの方

生産するのは、昔からの仲間という40代から60代の5人で構成される「チームファイブ」の皆さんです(写真は左から代表の岡さん、片田さん)。昨年から共同でナスの作付けをしています。みんなの協力のもとにつくられており、「会話を交えながら作業をするので、大変な作業もあっという間に終わってしまう」と話すとてもチームワークのよい皆さんです。

 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 経済部 農林課 農政係
電話番号 0942-85-3563 ファックス番号 0942-83-3095
e-Mail nourin@city.tosu.lg.jp



更新日:2015/7/9