とれたて鳥栖産品

鳥栖の新鮮な農産物をご紹介します。

鳥栖市産の作物について

市内の農地面積は、約1,500haで、そのうち約80%以上が田んぼです。

米、麦、大豆を中心として、露地野菜(タマネギ、キャベツ、ジャガイモ)、施設野菜(アスパラガス、イチゴ、ミニトマト)など多くの作物が栽培されています。

 

アスパラガス(品種名 ウェルカム)

鳥栖市名産の農産物の一つ。高品質を誇る佐賀県産アスパラガス、鳥栖を含む佐賀県東部地区は県内トップの産地です。

  

生産者、西山利治さん(萱方町)。手作りの堆肥で、環境に優しい農業に取り組んでいると話してくれました。

 

タマネギ(品種名 貴錦)

  

生産者、西依信弘さん(酒井東町)。JAさが東部地区タマネギ部会の会長を務めています。消費者の目線に立ち「減農薬」にこだわった栽培に努めていると話してくれました。

 

ジャガイモ(品種名 トヨシロ)

ポテトチップの原材料となっているジャガイモ。鳥栖地区、旭地区を中心に、約44haの田んぼで栽培されています。

  
生産者、松隈利生(高田町)さんら5戸の農家で作る「アグリトス」。約十数年前からカルビーポテト株式会社と契約し、ジャガイモの生産に着手。苦労を重ね、田んぼで一年の間に米とジャガイモを交互に作ることに成功しました。

 

二条大麦(品種名 サチホゴールデン)

佐賀県は、全国トップの収穫量を誇る二条大麦の産地。鳥栖でも、約339haの田んぼで栽培されています。

  

生産者、株式会社水屋センター(水屋町)。少人数での大規模かつ効率的な経営により、産業として自立できる水田農業を確立したとして、農林水産大臣から表彰された経歴をもっています。


ミニキャロット

JAさがでは新たな露地野菜の規模拡大を目的に、ミニキャロットの栽培を推奨しており、「プチキャロット」として販売しています。

  

JAさが東部の藤本京子さん。将来的には、佐賀産のブランド化を目指していると話してくれました。

 

キャベツ(品種名 さつき女王)

旭地区・基里地区を中心に、約24haの田んぼで栽培されています。

  

生産者、「みしま営農組合」の組合員さん(三島町)。代表を務める執行正己さんが、キャベツをはじめ農作物を育てるときは、天候などの『自然』に添うように育てるのが一番大切と話してくれました。

 

ニガウリ(品種名 チャンピオン)

沖縄の特産物として有名ですが、鳥栖でも約20年前から栽培・出荷されています。

  
 生産者、中島俊男さん(立石町)。JAさが東部地区ニガウリ部会の会長を務めています。減農薬にこだわった栽培には定評があります。

 

お米(品種名 夢しずく)


「夢しずく」のほか、佐賀県産ブランド米「さがびより」、「ヒノヒカリ」などが、約816haの田んぼで栽培されています。

生産者、龍野幸俊さん(水屋町)。「夢しずく」は、農薬をあまり使用しないで栽培ができ、ほどよい粘りで味わいがいいと話してくれました。

 

マコモタケ

  
鳥栖の新たな特産品にと、8年前から栽培されています。

生産者は、西山利治さん(萱方町)と今村功さん(同)。二人で「じゃおアグリ会」を結成し、栽培だけでなく、消費拡大活動にも取り組んでいます。

10月に収穫の時期を迎え、市内では、JA直売所などで購入することができます。

 

イチゴ(品種名 かおりの)


佐賀県は、全国でも上位の生産量を誇るイチゴの産地。鳥栖でも、旭地区、鳥栖地区で栽培されています。

イチゴ観光農園「鳥栖ベリーフォレスト」(轟木町)では、佐賀県産「さがほのか」をはじめ「かおりの」「おいCベリー」などの5品種のイチゴが味わえます。

 

ミニトマト(品種名 甘っこ)

真木町にあるハウスで、農業大国オランダの複合環境制御システムを導入し、養液栽培をしています。

  

生産者、株式会社九設ふる里めぐみファーム(真木町)。代表者の堀口健介さんが、この快適なハウスで、甘さと酸味のバランスがよく、トマトの旨味がギュッと詰まったミニトマトを生産していますと話してくれました。

 

鳥栖で生産されている野菜の一部をマップでご紹介します。

こちらから⇒(PDFファイル:592.6KB)

 

 

平成28年9月1日更新
 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 経済部 農林課 農政係
電話番号 0942-85-3563 ファックス番号 0942-83-3095
e-Mail 
nourin@city.tosu.lg.jp

更新日:2016/8/31