佐賀県東部地域次期ごみ処理施設整備事業に係る環境影響評価について

 鳥栖市のごみは、上峰町、みやき町を含む1市2町で組織する鳥栖・三養基西部環境施設組合の施設(みやき町)において処理していますが、施設の老朽化等に伴い、平成35年度で稼働を終了する予定としています。それに伴い、鳥栖市、神埼市、吉野ヶ里町、上峰町、及びみやき町の2市3町という広域な枠組みで、次期ごみ処理施設の建設・管理運営を行うことととなりました。

 建設にあたっては、佐賀県影響評価に基づく環境影響評価という手続きが必要です。この制度は、計画しているごみ処理施設が、周辺地域の環境にどのような影響を及ぼすかについて、あらかじめ周辺地域の環境状況を調べ、施設の施工・稼働による影響を予測・評価し、対策を講じるためのものです。

 また、その評価結果を公表し、住民の皆様や関係自治体などからの意見をふまえて、環境保全の観点からよりよい事業計画を作り上げ、環境と開発の調和を図っていくための制度です。

 

環境影響評価方法書

 どのような項目について、どのような方法で環境影響評価を実施していくのかという計画を示したものです。
 地域に応じた環境影響評価を行うことが必要であるため、環境影響評価の方法を確定するに当たっては、地域の環境をよく知っている住民の皆さんをはじめ、広く一般の方々や関係する自治体などの意見を聴く手続きを設けることとされています。
 環境影響評価の方法を決定する段階で有益な環境情報や環境保全の見地からの意見を聴くことによって、その意見を評価の項目や方法などに柔軟に反映でき、また、地域の特性に合わせた環境影響評価が行えるようになります。
 このほど、評価の項目や方法を定めた環境影響評価方法書が完成いたしましたので、完成図書の縦覧と住民説明会を実施します。

 

方法書の縦覧

 告示文(PDFファイル:271.1KB)

 環境影響評価方法書(要約書)(PDFファイル:5.9MB)

 環境影響評価方法書(全体版)(PDFファイル:21.9MB)

 表紙・目次(PDFファイル:13.1KB)

 第1章(PDFファイル:10.4KB)

 第2章(PDFファイル:3.8MB)

 第3章(PDFファイル:13.5MB)

 第4章(PDFファイル:5.4MB)

 第5章(PDFファイル:620.7KB)

 第6章(PDFファイル:138.2KB)

 第7章(PDFファイル:14.5KB)

 第8章(PDFファイル:11.7MB)

 用語解説(PDFファイル:326.9KB)

 

1 方法書事業者の氏名及び住所

   氏名 鳥栖・三養基西部環境施設組合管理者 末安伸之

   住所 佐賀県三養基郡みやき町大字簑原4372番地

 

2 方法書対象事業の名称、種類及び規模等

   名称 佐賀県東部地域次期ごみ処理施設整備事業

   種類 一般廃棄物処理施設の設置

   規模 (1)ごみ処理施設  ○処理能力  約172t/日

                ○処理対象物 可燃ごみ

                       不燃粗大ごみ破砕残渣

                       資源ごみ選別残渣

      (2)リサイクル施設 ○処理能力  約31t/日

                ○処理対象物 不燃ごみ

                       粗大ごみ

                       資源ごみ

 

3 方法書対象事業実施区域

   佐賀県鳥栖市真木町字今川 地内

 

4 方法書の縦覧及び公表の方法及び期間

   公表方法 (1)縦覧 (2)本ホームページでの掲載

   縦覧場所 (1)鳥栖市環境対策課

        (2)鳥栖・三養基西部環境施設組合事務所

        (3)久留米市小森野校区コミュニティセンター

   縦覧期間 平成29年10月13日から平成29年11月13日

        (ただし、土曜、日曜、祝日は除く)

   縦覧時間 午前8時30分から午後5時15分

        (ただし、小森野校区コミュニティセンターは午前9時から午後5時まで)

 

5 方法書への意見書提出について

   方法書について、環境保全の見地から意見書を提出することができます。

   提出期限 平成29年10月13日から平成29年11月28日まで

   提出先  鳥栖市役所環境対策課

        〒841−8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地

        FAX:0942−85−2009

        E−Mail:kankyou@city.tosu.lg.jp

   提出方法 次のいづれか適当な方法で提出してください。

        (1)直接提出 (2)郵送 (3)FAX (4)E-mail

        ※電話によるご意見はお受けできません。

   提出様式 任意様式ですが、下記の事項を必ずすべて記入してください。

        いずれかの記入がない場合、意見書としてお受けできませんのでご了承ください。

        (1)氏名及び住所(法人・団体の場合その名称代表者の氏名及び事務所の住所)

        (2)対象となる方法書の名称

          (佐賀県東部地域次期ごみ処理施設整備事業に係る環境影響評価方法書)

        (3)方法書についての環境保全の見地からの意見及びその理由

 

 

方法書説明会

告示文(PDFファイル:222.2KB)

 

1 方法書事業者の氏名及び住所

   氏名 鳥栖・三養基西部環境施設組合管理者 末安伸之

   住所 佐賀県三養基郡みやき町大字簑原4372番地

 

2 方法書対象事業の名称、種類及び規模等

   名称 佐賀県東部地域次期ごみ処理施設整備事業

   種類 一般廃棄物処理施設の設置

   規模 (1)ごみ処理施設  ○処理能力  約172t/日

                ○処理対象物 可燃ごみ

                       不燃粗大ごみ破砕残渣

                       資源ごみ選別残渣

      (2)リサイクル施設 ○処理能力  約31t/日

                ○処理対象物 不燃ごみ

                       粗大ごみ

                       資源ごみ

 

3 方法書対象事業実施区域

   佐賀県鳥栖市真木町字今川 地内

4 対象事業に係る環境影響を受ける範囲であると認められる地域の範囲

   方法書対象実施区域から概ね半径2.0km以内

 

5 方法書説明会の開催を予定する日時及び場所

   鳥栖市での説明会

    (1)日時 平成29年10月24日 午後7時30分から

    (2)場所 サンメッセ鳥栖3階大会議室

   久留米市での説明会

    (1)日時 平成29年11月1日 午後7時から

    (2)場所 久留米シティプラザ5階大会議室

 

 

■ 環境影響評価担当課

鳥栖市役所 企画政策部 まちづくり推進課


■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 環境対策課 環境対策推進係
電話番号 0942-85-3561
E-Mail kankyou@city.tosu.lg.jp

更新日:2017/10/13