「アマゾン」や「楽天市場」、「ヤフー」など実在する団体になりすました架空請求にご注意ください!!

 

「アマゾンから有料動画の未納料金があるという内容のショートメールが届いた」、「楽天市場から、注文していない請求がメールで届いた」というご相談が鳥栖市消費生活センターをはじめ、全国の消費生活センターへ寄せられています。

身に覚えがないメールが届いた場合、実在する団体になりすました架空請求の可能性が高いため、メールに記載されている電話番号には連絡せずに、消費生活センターへご相談ください。
 

 

 

相談事例

 携帯電話に「有料動画の未納料金があります。本日中にご連絡無き場合は、法的手続きに移行いたします。」「会員登録料が未払いです。本日ご連絡無き場合、少額訴訟の手続きに移行いたします。」

という内容のショートメールが届いた。

 慌てて、メールに記載された電話番号に連絡したところ、

「アマゾン○○の○○です。未納料金があるため、支払わないと訴訟になりますと強く言われた。

 身に覚えがないことを伝えると、「とりあえず、今日中に支払えば、後から返金されます」と言われた。

支払いの方法として、プリペイドカードをコンビ二で購入し、そのプリペイドカードの番号を連絡するよう言われた。

 

■ 対処法!

・身に覚えがない請求が来た場合、架空請求の可能性が高いため、電話番号には連絡しないでください。
・万が一電話をかけてしまった場合、正当な理由のない請求には応じないでください。

 プリペイドカードやギフト券を購入するよう言われても、応じないでください。

・万が一プリペイドカードを買ってしまった場合、プリペイドカードの番号を相手に教えないでください。

■ 困ったときは、一人で判断せずに、消費生活センターや警察へご相談ください。

 

 


【参考】

■国民生活センター「大手通販サイトをかたり未納料金を請求するSMS」リーフレット

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/pdf/support123.pdf

■国民生活センター「架空請求 心当たりのない請求は無視!」リーフレット

http://www.kokusen.go.jp/mimamori/pdf/shinsen310.pdf




■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 市民協働推進課 消費生活センター
電話番号 0942-85-3800 ファックス番号 0942-83-3310
e-Mail kyoudou@city.tosu.lg.jp


 

更新日:2018/8/1