産前産後期間の国民年金保険料が免除になります

出産予定日又は出産日の属する月の前月から4か月間(多胎の場合は、出産予定日又は出産日の属する月の3か月前から6か月間)の国民年金保険料が免除になります。なお、妊娠85日(4か月)以上で死産、流産、早産された方も対象になります。免除が認められた期間は保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。

対象者

国民年金第1号被保険者(自営業の人やその配偶者など)の方で、出産日が平成31年2月1日以降の方

届出時期

出産予定日の6か月前から届出できます。ただし、届出ができるのは平成31年4月からです。

届出先

国保年金課 年金保険係

届出に必要な書類

母子健康手帳や出生証明書などの出産(予定)日が確認できるもの(市で確認できるときは不要です。)

 

 日本年金機構のHP(外部リンク)



 

■ お問合せ先

〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 国保年金課 年金保険係
電話番号 0942-85-3583 ファックス番号 0942-82-1994
e-Mail hoken@city.tosu.lg.jp

国民年金について
更新日:2018/12/7