あとで払い戻しを受けるとき(療養費)/国保

次のような場合は全額自己負担となりますが、国保担当窓口に申請し、

審査で決定すれば、自己負担分(※1)を除いた額が支払われます。

どの申請にも必要なものは、下記のとおりです。

 被保険者証(保険証)
 世帯主の印鑑(認印可、スタンプ印不可)
 振込口座情報(金融機関名、支店名、口座番号、名義人)
 マイナンバーカードまたはマイナンバーが確認できる書類と本人確認書類

 

A.やむをえない理由で、保険証を持たずに治療を受けたとき

 <この申請に必要なもの>

   領収書

   診療報酬明細書→ない場合は、他の医療機関や保険者等に照会する

           ための「同意書」を国保担当窓口でご記入下さい。


B.はり・きゅう・あんま・マッサージの施術を受けたとき(医師の同意が必要)

  <この申請に必要なもの>
    医師の同意書、領収書、領収明細書

 

C.やむをえず海外渡航中に医療機関を受診したとき

  <この申請に必要なもの>
    
領収書、診療報酬明細書、領収明細書、

     →上記3点の外国語のものは、日本語の翻訳文が必要

    パスポート等海外に渡航した事実が確認できる書類、

    海外の医療機関等に照会する同意書(国保担当窓口で記入、押印)

    注)治療目的の渡航や日本で保険適用外となる治療の場合は対象外

 

D.医師の指示のもとに治療用装具(コルセット等)を作ったとき

  <この申請に必要なもの>
    領収書、見積書、請求書、医師の証明書、装着証明書

           ※治療用装具には使用期間の定めがありますので、使用期間内に同一の装具を

              作った場合、支給の対象外となることがあります。

 

E.小児弱視等の治療用眼鏡代(9歳未満)

  <この申請に必要なもの>
    領収書、患者の検査結果、医師の治療用眼鏡等の作成指示等の写し

     ※眼鏡等の更新時、5歳未満は1年以上、5歳以上は2年以上の装着期間が

            ある場合、支給の対象となります。

 

F.四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣代

  <この申請に必要なもの>
    領収書、医師の弾性着衣等の装着指示書等
    ※再度の購入については、前回の購入から6か月以上経過した場合、

     支給の対象となります。

 

◆上記のほか、追加の提出書類等が必要な場合があります。

国民健康保険税の滞納がある世帯は、給付が制限されることがあります。

◆医療費などを支払った日の翌日から2年を過ぎると支給されません。

◆審査の結果、支給されない場合もあります。

詳しくはお問い合わせ下さい。

(※1)自己負担分

 区分  自己負担割合  支給割合
 義務教育就学前  2割  8割
 義務教育就学後70歳未満  3割  7割
 70歳以上75歳未満

 2割

 8割

 

療養費支給申請書(PDFファイル:91.2KB)


■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 国保年金課 健康保険係
電話番号 0942-85-3582
e-Mail hoken@city.tosu.lg.jp

更新日:2018/8/28