認知症サポーターになってみませんか?

認知症サポーターとは?

認知症を正しく理解し、地域の中で認知症の人や家族を暖かく見守り、支援する人のことです。

 

認知症サポーターになるには?

認知症サポーターになるためには、「認知症サポーター養成講座」を受講する必要があります。
この講座は、キャラバン・メイト(講師)が行います。
(※ 市では、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目的に、「認知症サポーター養成講座」の開催を支援するため、講師の手配・派遣などを行っています。)

講座を修了した後、認知症サポーターであるという「目印」(オレンジリング)をお渡しします。

▼オレンジリング

オレンジリング

また、所属する構成員の3分の1以上を認知症サポーターが占める団体・企業等には、「認知症サポーターがいる企業・団体」であることを示す「オレンジステッカー」を交付します。

なお、ステッカーを交付した団体・企業等は「認知症サポーターがいる企業・団体」として鳥栖地区広域市町村圏組合介護保険課のホームページに掲載します。

 

▼オレンジステッカー

オレンジステッカー

認知症サポーター養成講座の内容と申込方法

 内容

 認知症の症状や原因、発症した人との接し方などについて

 時間

 60分〜90分程度

 費用

 無

 人数

 10人以上

 受講会場

 受講希望者でご準備下さい(会場の用意が難しい場合は、市へご相談下さい。)

 申し込み方法

 講座開催の一ヶ月前までに、申込書(社会福祉課にございます)で同課へ申し込んでください。なお、講師の都合によりご希望の日時に応じられない場合がございます。

(※申込書はこちらからもダウンロードできます。)

 

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 健康福祉みらい部 社会福祉課 高齢者福祉係
電話番号 0942-85-3554
FAX番号 0942-85-2009
e-Mail fukusi@city.tosu.lg.jp
更新日:2017/6/9