退職者医療制度

長い間、会社や役所に勤めていて年金受給権のある65歳未満の人及びその扶養家族は、「退職者医療制度」による医療をうけます。

 

  ≪対象となる人:退職被保険者本人≫

1.

国保に加入している人

2.

65歳未満の人

3.

下記(1)〜(7)の年金制度から老齢(退職)年金受給権者で、これらの年金制度の加入期間が20年以上、もしくは40歳以降の加入期間が10年以上ある人

対象となる年金制度

(1)厚生年金保険   (2)地方公務員等共済組合
(3)私立学校教職員共済組合  (4)恩給  (5)国家公務員共済組合
(6)農林魚業団体職員共済組合  (7)旧令による共済組合の特別措置

 

 

  ≪対象となる人:退職被保険者本人の被扶養者≫

1.

国保に加入している人

2.

65歳未満の人

3.

退職被保険者本人と同一世帯の配偶者、三親等内の親族で、主に退職被保険者本人の収入により生計を維持している人。ただし、年間収入が130万円(60歳以上は180万円)以上ある人は、被扶養者にはなれません。

 

  ≪資格はいつから?≫

 

「退職者医療制度」への加入資格は、年金受給権が発生した日から適用となります。年金証書を受け取ったら、14日以内に手続きをしましょう。年金証書と印鑑と本人を確認できる書類(運転免許証等)をお持ちいただくと、退職被保険者証を窓口で交付いたします。また、65歳になると自動的に退職者医療制度から脱退することなるため、65歳の誕生日前に新たに保険証がお手元に届きます。

 

  ≪診療をうけるとき≫

 

「退職被保険者証」を医療機関の窓口へ提示してください。

 医療機関の窓口で払う一部負担金は、退職被保険者本人及び被扶養者とも、入院、外来 3割負担です。

 

■ お問合せ先
〒841-8511 佐賀県鳥栖市宿町1118番地
鳥栖市役所 市民環境部 国保年金課 健康保険係
電話番号 0942-85-3582
e-Mail hoken@city.tosu.lg.jp
更新日:2018/6/11