ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政 > 施設 > 公共施設 > 新型コロナウイルス感染症情報 > まちづくり推進センターの施設案内・使用制限(令和3年9月28日現在)
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 市民活動・地域づくり > まちづくり > 新型コロナウイルス感染症情報 > まちづくり推進センターの施設案内・使用制限(令和3年9月28日現在)

本文

まちづくり推進センターの施設案内・使用制限(令和3年9月28日現在)

記事ID:0002285 更新日:2021年9月28日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

まちづくり推進センターのサークル活動等への貸館について(令和3年9月28日現在)

 令和3年8月20日に福岡県に対し発出された緊急事態宣言については、令和3年9月30日(木曜日)に解除されることが決定されました。
 本市におきましては、8月には新規感染者数が急増したものの、9月中旬以降は減少傾向となっています。
 これらを踏まえ、まちづくり推進センターでは、次のとおり対応することといたします。

 対応方針はこちら [PDFファイル/251KB] です。
 

(1) サークル活動等への県外居住者の参加の自粛(講師等含む)の協力要請 ⇒ 令和3年9月30日(木曜日)で終了

(2) 開館時間の短縮(午後10時までを午後8時までに変更)⇒ 令和3年9月30日(木曜日)で終了

(3) (1)への対応等新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、サークル活動等を取り止めることによる諸室等使用料の全額返金の対応の継続 ⇒ 令和3年10月31日(日曜日)まで延長

 

※(1)及び(2)の使用制限は令和3年10月1日(金曜日)から解除します。
 ただし、まちづくり推進センターにおけるマスク着用や手指消毒の励行、「ゼロ密」の推奨、身体的接触のある活動の制限、会議室等の利用人数の制限、共有スペースの使用時間の制限、会食、試食の禁止については当面の間継続します。
  

 (3)については、令和3年10月31日(日曜日)まで延長します。

使用制限について

(1)使用人数:諸室の使用は上限人数以内

■演者と聴衆が分かれている催物及び会議等で参加者の動きが少なく、人と人との接触、大声での歓声・声援等が無い前提の場合、一人あたり3.3平方メートルで計算している諸室の人数制限を1.65平方メートルに緩和する。諸室における利用人数の上限 [PDFファイル/336KB]

(2)禁止する活動等(集団感染リスクの高い活動)

■身体的接触を行う活動
■会食を伴う活動

⇒調理等の活動を行う場合は、調理後の会食・飲食は行わないこと。

 ソーシャルディスタンスを保つため、調理台ごとの人数制限を4~5人に緩和する。

 茶道は、各服点を原則とし、面合でのお点前は行わないこと。

■「密閉」「密集」「密接」となる活動
■共用品(場所)の使用

・健康器具の使用については、引き続き使用不可
・ロビーなどの共用スペースについて、下記のことを行った上で使用を許可する。

⇒飲食や対面での会話は避ける。長時間の使用(30分以内を目安)は避ける。間隔を置いたスペースづくり等の工夫を行う。常時換気を行う。テーブル、椅子等の物品の消毒を定期的に行う。

使用にあたってお願いすること

  • センター使用前には自宅での検温をお願いします。
  • 体調に不安がある場合は、来館をお控えください。
  • センター内ではマスクの着用をお願いします。マスクの着用がない方は入館できません。但し、熱中症予防等のため、人と人との間隔を十分確保したうえで、マスク等を外すことは認めます。
  • 1時間につき10分以上の換気をしてください。(可能であれば2方向の窓を同時に開けてください。)
  • 人と人との十分な間隔をとってください。(目安2メートル)
  • 手洗い、咳エチケットの徹底をお願いします。
  • 囲碁・将棋・麻雀など、対面により行う活動はマスクを着用し、用具の消毒を行ってください。出来ればアクリル板の設置やフェイスシールドの着用などをお願いします。
  • 参加者の連絡先の把握(主催者での名簿の作成や管理)をお願いします。
  • 使用申請の際に、感染拡大防止対策チェックリストの項目に同意が必要です。 

 センター主催の事業・講座は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により、急遽、変更することもございます。

 詳細につきましては、各まちづくり推進センターにお問い合わせください。

鳥栖市まちづくり推進センター 利用のご案内

施設案内

鳥栖まちづくり推進センター

鳥栖まちづくり推進センターの画像
(住所)今泉町2172番地2
(電話)  0942-83-1686
  (Fax)  0942-55-3520
集会室、調理室、諸室など

鳥栖まちづくり推進センター分館

鳥栖まちづくり推進センター分館の画像
(住所)鳥栖市真木町2112
(電話) 0942-83-0024
大広間、諸室など

鳥栖北まちづくり推進センター

鳥栖北まちづくり推進センターの画像
(住所)古野町176番地3
(電話)  0942-85-3631
  (Fax)  0942-55-4806 
集会室、調理室、諸室など

鳥栖北まちづくり推進センター分館(中央老人福祉センター)

鳥栖北まちづくり推進センター分館(中央老人福祉センター)の画像
(住所)本町3丁目1494-10
(電話)0942-82-4060
大広間、諸室など

田代まちづくり推進センター

田代まちづくり推進センター
(住所)田代大官町1958番地
(電話)  0942-82-2704
  (Fax)  0942-55-4301
集会室、調理室、諸室など

弥生が丘まちづくり推進センター

弥生が丘まちづくり推進センターの画像
(住所)弥生が丘2丁目146番地3
(電話)  0942-55-8633
  (Fax)  0942-55-3714
集会室、調理室、諸室など

若葉まちづくり推進センター

若葉まちづくり推進センターの画像
(住所)萱方町116番地2
(電話)  0942-84-6122
  (Fax)  0942-55-3068
集会室、調理室、諸室など

基里まちづくり推進センター

 基里まちづくり推進センターの画像
(住所)曽根崎町1362番地
(電話)  0942-82-3324
  (Fax)  0942-55-5350
集会室、調理室、諸室など

基里まちづくり推進センター分館

基里まちづくり推進センター分館の画像
(住所)原町831番地
(電話)0942-82-6347
大広間、諸室など

麓まちづくり推進センター

麓まちづくり推進センターの画像
(住所)山浦町1788番地1
(電話) 0942-82-2080
  (Fax) 0942-55-1211
集会室、調理室、諸室など

旭まちづくり推進センター

 旭まちづくり推進センターの画像
(住所)儀徳町3155番地2
(電話)  0942-82-2603
  (Fax)  0942-55-8513
集会室、調理室、諸室など

まちづくり推進センター使用について遵守事項

1.開館時間

 午前9時から午後10時まで(ただし、利用予定のない17時以降は、閉館します。)

2.休館日

  1. 国民の祝日による休日
  2. 12月29日から翌年1月3日まで
  3. 利用予定のない日曜日

3.使用の申し込み

申し込みは、所定の申請書に必要事項を記入して、利用予定日の5日前までに直接センターへ申し込んでください。
使用時間は、準備や後片付けの時間を含みます。

4.受付時間

開館日の午前9時から午後5時まで

5.使用料

  1. 使用料は前納制です。既納の使用料は条例、規則に定めている場合のほかは、原則としてお返しいたしません。使用料は別表のとおりです。
  2. 市が特別の事由があると認めたときは、使用料を減免することができます。

6.使用許可

  1. センターは、公共施設ですので許可できない場合があります。
  2. 使用料を納めていただきましたら、使用許可書を交付いたします。
    許可書は、使用当日、センターにお示しください。

7.使用許可の制限

次の場合は、施設、附属設備の使用許可はできません。

  1. 公安、公益を害するおそれがあるとき。
  2. 施設、設備をき損するおそれがあるとき。
  3. 暴力排除の趣旨に反するとき。
  4. 主として営利を目的として利用するとき。
  5. 管理、運営上支障があると認めたとき。

8.使用許可の取消及び変更

次の場合は、使用許可を取消、または変更することがあります。

  1. 使用許可条件、条例、規則等に違反したとき。
  2. 使用許可を受ける際に、不正の手段を用いた場合。
  3. 災害などやむを得ない場合。
  4. 使用者がその使用の権利を他に譲渡し、または転貸したとき。なお、センターの使用許可事項を変更するとき、または、使用を取りやめるときは、交付された使用許可書を添えて事前にセンターに申し出てください。

センター使用料

集会室・大広間
(2室以上を一体的に使用するときを含む)
1時間当たり 460円
調理室 1時間当たり 260円
その他の諸室(1室あたり) 1時間当たり 160円

備考

  1. 使用時間に1時間に満たない端数があるときは、1時間として計算します。
  2. 調理実習室の使用料には、ガス代を含みます。
  3. 使用者が特別な設備を施して、電気、ガス若しくは水道を使用する場合または特に電気、ガス若しくは水道を多量に使用すると認めた場合は、この表の使用料のほか実費相当額を徴収します。
  4. 各推進センターで、2室以上を一体的に使用することが可能な諸室は以下のとおりです。
    • 鳥栖まちづくり推進センターの研修室1と研修室2
    • 田代まちづくり推進センターの研修室1と研修室2
    • 基里まちづくり推進センター分館の集会室1と集会室2

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?