ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 鳥栖市浄水場 > 2. 鳥栖市の水道水は「高品質」な水なんです!

本文

2. 鳥栖市の水道水は「高品質」な水なんです!

記事ID:0007524 更新日:2021年6月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

鳥栖市上下水道局では、毎年水質検査結果を公表しています。
令和元年度の「鳥栖市の水道水(平均値)」と「市独自の管理指標」を比較してみましょう!

 

鳥栖市の水道水(平均値)と市独自の管理指標の比較

水質項目 市独自の管理指標 国が定める水質基準及び管理指標値 鳥栖市の水道水
(平均値)
トリハロメタン類
[mg/L]
0.02以下 0.1以下 0.015
残留塩素
[mg/L]
0.2~0.5 1以下 0.42
ジェオスミン
[ng/L]
1以下 10以下 1以下
2-MIB
[ng/L]
1以下 10以下 1以下
臭気強度 [TON] 1以下 3以下 1以下
TOC(全有機炭素)
[mg/L]
0.5以下 5以下 0.5
紫外線吸光度
(E260) [abs]
0.04以下 設定なし 0.027
アルミニウム 
[mg/L]
0.05以下 1以下 0.02

※令和2年度の各水質検査結果より抜粋、トリハロメタン類及び残留塩素は給水栓の平均値、その他の水質項目は浄水の平均値を記載

 

  表から見てみると・・・

「鳥栖市の水道水」は品質管理が徹底された高品質なおいしい水となります。

 今後もこの独自基準を達成できるよう、上下水道局としてさらに努力を重ねてまいります!
とっとちゃん

 

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?