ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > スポーツ・文化・イベント > スポーツ > ホームタウンスポーツ > 九州JHT(Jリーグホームタウン連携会議)を知ろう

本文

九州JHT(Jリーグホームタウン連携会議)を知ろう

記事ID:0001158 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

2010シーズン、九州にある5つのJクラブが同じJ2リーグで戦うこととなったことをきっかけに、
平成22年4月6日、九州Jリーグホームタウン連携会議を設置しました。愛称は「九州JHT」です。

2013シーズンからは、V・ファーレン長崎のJ2昇格により、6つの都市が連携して九州を元気にする活動に取り組んでいきます。

構成メンバー

構成メンバーの画像

目的

九州のJリーグホームタウンである自治体が連携を図ることで、ホームタウンや九州を元気にすることを目的としています。

理念

九州JHTの理念は「おかげさま」
九州の6つのホームタウンが情報を共有し、クラブ、サポーター、企業などと連携した取組を行うことで、地域をもっと元気にしたい。
サポーター同士が触れ合う機会をもっとみんなに楽しんでもらい、笑顔が広がり、地域や世代を超えたつながりを拡げたい。
そしてもっと、自分のまちを、チームを、九州を好きになってもらいたい。
この取組は、一人、一企業、一ホームタウンではできない取組です。
「おかげさま」を通して、相手を敬い、地域を愛し、みんなの笑顔で地域(九州)を元気にしたいという想いをこめています。

理念の画像

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?