ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 国保年金課 > 口呼吸の危険性・歯あわせ健診(76歳歯科健診)

本文

口呼吸の危険性・歯あわせ健診(76歳歯科健診)

記事ID:0002012 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

マスクをつけて「お口(くち)で息をする人」が急増中?

 マスクを着用する機会が増え、いつの間にかお口で息をしているようです。お口で息をすると乾燥し、唾液の作用がなくなりお口の中は不潔になります。
 お口の細菌は、食べ物や飲み物と一緒に飲み込まれ腸内のバランスを乱し、全身の免疫力を弱めたり、基礎疾患の悪化や肺炎のリスクも高くなったりするといわれています。
 お口の管理が、ウイルス感染の水際対策になるので、かかりつけ歯科医に相談し、自分に合った対策法を身につけましょう。
 また、76歳の方を対象とした「歯(し)あわせ健診」を実施しており、対象となられる方には受診券を送付しています。歯科受診は必要不急です。この機会にお口の状態と機能を把握し、「健康に生きること」に繋げていただければ幸いです。
 詳しくは「佐賀県歯科医師会ホームページ」または、下記までご連絡下さい。

★一般社団法人 佐賀県歯科医師会
 佐賀県在宅歯科医療推進連携室
 佐賀市西田代2-5-24
 Tel:0952-25-2291
​ 佐賀県歯科医師会<外部リンク>

★佐賀県後期高齢者医療広域連合
 佐賀市大和町大字尼寺1870
 Tel:0952-64-8476
 佐賀県後期高齢者医療広域連合<外部リンク>

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?