ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 税務課 > 申告会場に来場される前に必ず確認をお願いします

本文

申告会場に来場される前に必ず確認をお願いします

記事ID:0007315 更新日:2022年1月14日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

 申告会場では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、入場時に検温を受けていただきます。なお、発熱や咳などの症状がある場合や倦怠感がある人、体調がすぐれない人は来場を控えてください。

 会場の混雑を避けるため、また、速やかな申告受付のため、以下に記載する「市の申告会場では受け付けできない申告」「必要書類の事前作成がなされていないもの」については、受け付けをお断りします。

 

 市の申告会場では受け付けできない申告

所得税の確定申告で次に該当する人は、鳥栖税務署で申告してください。

(1)新規に住宅借入金等特別控除を受けようとする人

(2)土地建物・株式などの譲渡所得がある人

(3)青色申告の人

(4)雑損控除を申告する人(災害などによる被害の申告)

(5)亡くなった人の申告をする人

(6)令和2年分以前(複数年の場合も含む)の申告をする人

 

申告に必要な書類は事前に作成してください

次にあてはまる人は、収支内訳書を申告書と一緒に提出してください。

(1)飲食店、保険外交員などの営業所得がある人

(2)農業所得がある人(委託料収入も含む)

(3)アパート、駐車場などの不動産所得がある人

 

 必要書類の準備が不十分な場合、受け付けをお断りします。

 

医療費控除を受ける場合は必ず「医療費控除の明細書」を提出してください

 医療費控除を受ける人は、「医療費控除の明細書」の提出が必要です。

 「医療費控除の明細書」は、令和3年1月1日から令和3年12月31日までに支払った医療費の領収書を受診した人・病院ごとにまとめて、事前に記入してください。ただし、「医療費のお知らせ」などの通知を添付する場合は、明細書の記入を省略できます。

 なお、医療費の領収書はご自身で5年間保管してください。必要に応じて提出(提示)いただく場合があります。

 医療費控除の明細書様式は国税庁ホームページで取得できるほか、鳥栖税務署や鳥栖市役所 税務課の窓口に備え付けています。
 「医療費控除の明細書」<外部リンク>「医療費控除の明細書(次葉)」<外部リンク>
 国税庁ホームページ<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?