ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 環境対策課 > 8月11日からの大雨により出た災害ごみの処理方法

本文

8月11日からの大雨により出た災害ごみの処理方法

記事ID:0027556 更新日:2021年8月16日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

令和3年8月11日からの豪雨により発生した災害ごみについては、下記のとおり対応いたします。
※対象となる災害ごみ…令和3年8月11日からの豪雨による浸水、土砂の流入等によって処分が必要になったもの。災害ごみ以外は通常のごみの出し方で対応してください。

災害ごみの出し方(鳥栖市内に限ります)

1.床上浸水・床下浸水などにより発生した災害ごみをご自身でごみ処理施設(リサイクルプラザ)まで運搬される際は、下記の手順でお願いいたします

(1)環境対策課窓口にて手続きを行う

  ※市役所総務課で発行する罹災証明書をお持ちください。(被災状況がわかる写真が必要です。) 

(2)一般廃棄物処理手数料減免申請書と罹災証明書を持って、リサイクルプラザに直接お持ち込み下さい。

持ち込み時に書類をご提示いただくことで、無料でお引き取りいたします。
施設名 鳥栖三養基西部環境施設組合リサイクルプラザ
住所 三養基郡みやき町大字簑原4432
電話 0942-94-9313

(3)リサイクルプラザに持ち込みができないごみについて

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンはリサイクルプラザに持ち込みができません。環境対策課(電話:0942-85-3561)へお問い合わせください。

 

2.水害によって敷地外から流れてきたごみ(流入ごみ)については、一か所にまとめていただき、環境対策課(電話:0942-85-3561)までご連絡いただければ、職員が回収に伺います

できるだけ軽トラックが近づける場所に集めてください。
順番に収集いたしますので、回収に数日ほどお待ちいただく場合もございます。
流入ごみが少量の場合や、迅速に撤去させたい場合等は、通常のごみと同じように出していただくことも可能です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?