ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > スポーツ・文化・イベント > 文化 > 文化財・歴史 > 令和4年度企画展示「みんなの町のお宝しょうかい!」を開催しています

本文

令和4年度企画展示「みんなの町のお宝しょうかい!」を開催しています

記事ID:0046119 更新日:2022年7月23日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

鳥栖市には、今から25,000年前から人が住み、長い間多くの人びとが生活してきました。
その痕跡や、使っていた道具などは、わたしたちが今生活している地面の下に眠っています。
今回の企画展示では、これまで鳥栖市で見つかった「過去の人びとが生活の中で生み出した物」の中から
8個のめずらしいお宝をご紹介します。

内畑遺跡で見つかった、弥生時代のガラス玉と水晶玉 〈内畑遺跡で見つかった、弥生時代のガラス玉と水晶玉〉

 

開催期間

令和4年7月23日(土曜日)~令和4年8月28日(日曜日)

 

場所

市立図書館2階展示ホール

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?