ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > スポーツ・文化・イベント > 文化 > 文化財・歴史 > 令和4年度企画展示「大川をめぐる攻防」を開催しています

本文

令和4年度企画展示「大川をめぐる攻防」を開催しています

記事ID:0051523 更新日:2022年11月23日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

九州随一の暴れ川である「筑紫次郎」は、長い歴史の中で肥沃な耕地を生み出してきましたが
それと同時に、たび重なる水害で多くの人びとを苦しめもしました。
江戸時代、川に面した各藩はさまざまな策を講じ、この「筑紫次郎」から農地や領民を守るたたかいを繰り広げました。
当時の記録を中心に、川をめぐる佐賀藩・対馬藩・久留米藩の攻防をご紹介します。

鳥栖市から筑後川と久留米市をのぞむ

 〈鳥栖市と福岡県久留米市の間を流れる筑後川〉

 

開催期間

令和4年11月23日(祝・水曜日)~令和4年12月25日(日曜日)

 

場所

市立図書館2階展示ホール

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?