ホームタウン鳥栖

鳥栖市を本拠地とする2つのプロスポーツが、この街を盛り上げ、スポーツ文化の普及に寄与しています。また、鳥栖スタジアム(ベストアメニティスタジアム)はサガン鳥栖のホームスタジアムとしてはもちろん、文化イベントや市民の健康づくりなど多目的に利用され、スポーツ・文化の交流拠点となっています。

鳥栖スタジアム

鳥栖スタジアム(ベストアメニティスタジアム)は、九州の鉄道のクロスポイントであるJR鳥栖駅から、徒歩3分の場所にあります。スタジアムが完成したのは平成8年。スタンドはピッチ全体を見渡すことができ、日本屈指のスタンドとして高い評価を得ています。

サガン鳥栖(ベストアメニティスタジアム)

鳥栖市にホームタウンを置き、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。平成9年に発足したクラブは、平成11年からJ2リーグに参戦し、平成23年クラブ創設15年目にして、念願のJ1昇格を果たしました。

久光製薬スプリングス


提供:久光製薬スプリングス

鳥栖市と神戸市に本拠地を置き、V・プレミアリーグに所属する女子バレーボールチーム。昭和23年に久光製薬鳥栖工場でバレーボール部として創立し、平成6年のVリーグ発足時にチーム名を「久光製薬スプリングス」としました。日本代表選手も数多く輩出しています。

更新日:2018/2/14