行政・議会

市民の声を市政へ活かす

行政

市庁舎

鳥栖市は「住みたくなるまち鳥栖―“鳥栖スタイル”の確立」を将来都市像として掲げています。
これは、行政が市民の皆さんと一緒に考えながらまちづくりを実践することで、市民が誇りと愛着を持つことができる魅力ある「鳥栖市」をつくっていくことを目指しています。
これからも、より一層の情報公開を徹底するとともに、市民のニーズを素早く把握し、効率的で迅速な行財政の遂行に努め、信頼される市役所となるように心掛けながら、市民の皆さんと行政が力を合わせ「住んでみたい」「住んでよかった」「住み続けたい」と感じられるまちをつくっていきます。

議会

 

鳥栖市議会は定数22人の議員で構成され、市民の代表として皆さんの「声」を市政に反映させています。
議会には、内部機関として「総務文教」「建設経済」「厚生」の3つの常任委員会を設け、条例や予算、請願などの審査や調査を行い、「声」に応えるための活動を行っています。
また「市議会だより」の発行やホームページの運営、ケーブルテレビとインターネットによる市議会の中継を実施しているほか、鳥栖市議会の基本事項を定めた「鳥栖市議会基本条例」を制定するなど、市民の皆さんに分かりやすく開かれた議会となるように心掛けています。

鳥栖市議会(鳥栖市ホームページ内)

更新日:2017/5/16