ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 薬の飲み残しに関するお知らせ

本文

薬の飲み残しに関するお知らせ

記事ID:0002005 更新日:2021年3月4日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

 飲み残したお薬や飲まなくなったお薬をそのままにしておくと・・・・・・

  1. 新しいお薬との区別がつかなくなる、または何のお薬かわからなくなる。
    →勝手な判断でお薬を飲んでも効き目は期待できません。
  2. 古くなったお薬を飲んだり必要のないお薬を飲んだりしてしまう。
    →家族が間違ってお薬を飲んで思わぬ副作用が起きることがあります。
  3. きちんとお薬を飲まないとお薬がムダになってしまう。
    →飲み残しのお薬(残薬)を減らすことが医療費の削減につながります。

そんなときは!

 飲み残したお薬を「かかりつけ薬局」に持っていきましょう。
 ↓
 薬剤師が必要なお薬か処分した方が良いお薬を判断します。
 ↓
 必要なときには医師に処方日数の調整を相談して医療費の軽減につなげます。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?