ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 経済部 > 農林課 > 野生のサルが出没しています

本文

野生のサルが出没しています

記事ID:0003244 更新日:2021年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

※最近、鳥栖市内で野生のサルが目撃されています!

 また、人になれており、サルから接触してきたとの情報も出ております。

 ご注意ください。
 

 出没状況

 今月

 11月01日 古賀町

 11月19日 鳥栖・三養基リサイクルプラザ周辺

 11月19日 山都町

 11月23日 筑紫ヶ丘霊園付近

 11月25日 柚比町神山溜め池周辺

 

 先月

 10月26日 神辺町 萱方町(国泰寺ため池周辺)

 10月27日 神辺町 萱方町(国泰寺ため池周辺)

 10月28日 神辺町 (国泰寺ため池周辺)

 10月29日 虹が丘町

 10月30日 虹ヶ丘町

 10月31日 神辺町

 

サル遭遇時の注意

 サルを目撃したら次のことにご注意ください
 一般的に野生のサルは、こちらから何もしなければ襲ってくることはほとんどありません。サルに出会ったときには、おどかしたり、刺激しないで落ち着いて、その場から立ち去ってください。

1.サルには近づかないでください

 野生のサルは、ペットと違い人に慣れていませんので、むやみに近づかず、遠くでサルを見つけた時は、そのままサルから見えないところに離れてください。

2.サルに出会ったら、刺激せずに落ち着いて離れてください

 サルと出会ったときに、大声を出したり、物を投げたり、棒で追い立てたりすると、サルが興奮します。サルを刺激しないでください。落ち着いて、安全な場所に立ち去ってください。

 目線を合わせないでください。サルと目線を合わせると威嚇されたと思い、人が視線をそらせたときに襲う場合があります。サルの目を見ないでください。

3.サルにエサを与えないでください

 エサを与えることにより、人を怖がらなくなり、人に慣れてしまうと、家に侵入してくるなど地域全体に被害が発生する恐れがありますので、エサは絶対に与えないでください。

サル被害の予防策

1.サルのエサになりそうなものを屋外に放置しない

 サルは、エサを求めて山から下りてきていると思われます。収穫しなかった農作物の処分や、放置された果樹の伐採を行いエサになるものを減らしてください。

2.藪や草が茂っている場所は見通しを良くする

 サルは、見通しが良いひらけた場所を警戒します。サルの隠れ場所にならないよう、藪や草が茂っている場所はきれいに刈り取ってください。

3.戸締りはしっかり

 サルは、屋根を伝って二階の窓からも家に侵入することがあるので、戸締りには十分注意してください。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?