ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 建設部 > 都市計画課 > 開発行為に伴う接続道路整備に対して補助を行います

本文

開発行為に伴う接続道路整備に対して補助を行います

記事ID:0003186 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

開発行為に伴う接続道路整備補助について

1.概要

 鳥栖市では、市街化区域内の低未利用地の開発を促進し、定住人口の増加を図るため、開発行為に伴い開発区域に接続する道路(接続道路)を整備する場合、費用の一部を補助する事業を実施しています。

2.補助対象

 次のすべてに該当する場合、補助の対象となります。

  1. 市街化区域において、都市計画法第29条の規定による開発行為に伴うもの
  2. 戸建て住宅または集合住宅の用に供する開発行為で、賃貸を目的としないもの
  3. 開発区域に未接続の道路または幅員が4メートル未満の接続道路を幅員が4メートル以上の接続道路となるよう整備するもの
  4. 整備された接続道路の用地及び附属物が鳥栖市に帰属されるもの

3.補助対象経費と補助金の額

補助対象

補助基本額

舗装工事

1平方メートルにつき5,000円

側溝整備工事

1メートルにつき20,000円

補助金額

  1. 道路幅員4メートル以上6メートル未満に整備する場合
    →実際に要した費用と上記補助基本額のいずれか低い額の2分の1
  2. 道路幅員6メートル以上に整備する場合
    →実際に要した費用と上記補助基本額のいずれか低い額

補助上限

開発行為1件につき3,000,000円

4.注意事項

  • 補助金申請前に上記工事の契約もしくは着工した場合は補助金を受けることはできません。
  • 補助金は接続道路の工事が完了し、費用の支払いが終わり、接続道路が市へ帰属した後で交付します。
  • 補助金は予算の範囲内での交付となります。

5.手続きの流れ

※開発行為については佐賀県の以下基準をご参考ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?