ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > スポーツ・文化・イベント > 文化 > 文化財・歴史 > 秋の民俗芸能の開催について

本文

秋の民俗芸能の開催について

記事ID:0027006 更新日:2022年9月15日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

鳥栖市内では10月に個性豊かな民俗芸能が各地区で開催されます。

村田浮立

●とき 10月16日(日曜日)8時30~13時

●ところ 村田町八幡神社~江島町石王社

●みどころ 鉦と太鼓の調子に合わせ、童子の獅子つりに操られるように舞う獅子舞が各神社で演舞されます。また、お下りとお上りでは、獅子・はぐま・鉦・太鼓・笛の後に、鉄砲・槍・はぐま・鋏箱および2基のみこしによる大名行列の様式を残した行列浮立が行われます。

江島町石王社境内で、雄獅子と雌獅子が、獅子釣りの童子に操られるように向き合って舞う

藤木の獅子舞

●とき 10月23日(日曜日)9時~12時30分

●ところ 藤木町公民館(下宮)~藤木町宝満神社

●みどころ 獅子舞の冒頭にある獅子つりの言立てとチョイ踊りは見どころの一つです。また、獅子を演じる2人の息の合った様々な所作、勇壮な舞の中に織り交ぜられる細やかなしぐさも見どころです。

藤木町宝満神社の拝殿前で、雄獅子と雌獅子が、獅子釣りの童子に操られて舞う。

四阿屋神社の御田舞

※令和4年度は中止となりました。次回、開催の際にお越しください。

●とき 10月20日前後の日曜日

●ところ 蔵上町老松神社

●みどころ 3間四方の仮設舞台の上で約40分間演じられます。木ぐわを持った田打ちの所作、代かき棒を持った代踏の優雅な舞、早乙女姿の田童のあどけないしぐさ、鬼の勇壮な舞など、古式豊かな田植えの舞を表現しています。

蔵上町老松神社境内に設置された舞台に、出演者が座り、舞台の中央で代かきが舞う。

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?