ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉みらい部 > 高齢障害福祉課 > オストメイト対応トイレの設置場所について

本文

オストメイト対応トイレの設置場所について

記事ID:0002335 更新日:2021年5月19日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

オストメイト対応トイレとは

 オストメイトとは、人工肛門や人工膀胱(ぼうこう)保有者の方を指しています。
オストメイトの方は、病気などによって、臓器に機能障害を負い、腹部に人工的に排せつのためのストーマを造設しており、従来のトイレでの排せつ行為においては様々な苦労をお持ちです。
『オストメイト対応トイレ』は、排せつ物等の処理をしやすい機能を備えたトイレとして公共施設や民間施設で整備を行っています。

オストメイト対応トイレの設置場所

 本市内のオストメイト対応トイレの一覧はこちらを参考にしてください。

 市有施設
 庁舎、駅前不動産スタジアム(鳥栖スタジアム)、鳥栖市民文化会館、新鳥栖駅(トイレ部分)、弥生が丘まちづくり推進センター、旭まちづくり推進センター、田代まちづくり推進センター
 民間施設
 リンク先 佐賀県HP
 佐賀県:「さがすたいる<外部リンク>」でオストメイト対応トイレの設置施設を検索できます

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?