ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 契約検査課 > 簡易型条件付一般競争入札の試行について

本文

簡易型条件付一般競争入札の試行について

記事ID:0001843 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

鳥栖市では、透明性、公平性、経済性等により優れた契約、入札のあり方について検討することを目的として、一部の工事について、簡易型条件付一般競争入札を試行することとしました。

簡易型条件付一般競争入札とは

簡易型条件付一般競争入札とは、従来実施していた条件付一般競争入札と比べて、発注までの期間の短縮及び入札参加資格確認申請の際の資料の軽減と併せ、落札者決定後に予定価格及び最低制限価格の公表を行う入札方法をいう。

対象案件

設計金額が次に定める額のうち、一部について実施する。

  • 土木一式工事 設計金額 3,500万円未満
  • 建築一式工事 設計金額 7,000万円未満
  • その他の工事 設計金額 1,500万円未満

施行日

令和2年7月1日

参考資料

鳥栖市建設工事簡易型条件付一般競争入札試行に係る実施要領[PDFファイル/228KB]
郵便入札の方法について[PDFファイル/143KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?