ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画政策部 > 総合政策課 > [重粒子線がん治療」市民講演会を開催しました(平成26年3月)

本文

[重粒子線がん治療」市民講演会を開催しました(平成26年3月)

記事ID:0002871 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

 昨年5月、九州では初となる重粒子線によるがん治療施設「九州国際重粒子線がん治療センター」(愛称:サガハイマット)が鳥栖市に開設されました。
 重粒子線がん治療とは、重粒子線という炭素イオンを利用した放射線による治療法の一つです。体を切らないだけでなく、一定の深さの位置にあるがん病巣だけを集中して壊すため、副作用が少なく、患者さんの「心と体にやさしいがん治療」として注目されています。
 市では、「九州国際重粒子線がん治療センター」の開設後の現状と今後の展望をお伝えするとともに、実際に重粒子線がん治療を受けられた方3人をお招きし、その治療体験報告を通じて重粒子線がん治療に関する理解を深めていただきたいと考え、市民講演会を開催しました。

開催日

平成26年3月15日(土曜日)12時30分開場/13時開演

開催場所

鳥栖市民文化会館小ホール

入場者数

300人

アンケート結果

市民講演会の開催にあわせてご来場いただいた方々にアンケートを書いていただきました。
アンケート集計結果[PDFファイル/298KB]

開催風景

開催風景の画像1開催風景の画像2
開催風景の画像3開催風景の画像4

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?