ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・医療・福祉 > 健康医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症情報 > 新型コロナウイルスワクチン接種の相談先

本文

新型コロナウイルスワクチン接種の相談先

記事ID:0049021 更新日:2022年9月16日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

なお、現在の救済制度の内容については、厚生労働省ホームページ<外部リンク><外部リンク>をご参照ください。

新型コロナウイルスワクチン接種についてのお問い合わせ先

接種機関や接種券などの相談は市のコールセンターへ

電話:0570-060500

受付時間:8時30分〜20時30分(土日・祝日を除く)

筆談での相談

Fax:0942-85-7092

受付時間:8時30分〜17時15分(土日・祝日を除く)

筆談を希望される方はFax送信票(1) [Wordファイル/24KB]をご利用ください。

ワクチン接種当日に手話通訳または要約筆記が必要な方

鳥栖市手話奉仕員等派遣事業について [PDFファイル/290KB]

Fax送信票(2) [Wordファイル/24KB]

連絡先

高齢障害福祉課 障害者支援係

受付時間:8時30分〜17時15分(土日・祝日を除く)

電話:0942-85-3642

Fax:0942-85-2009

E-Mail: ks-fukushi@city.tosu.lg.jp

接種後の副反応など医学的な問い合わせ、予防接種に関する不安や疑問などの問い合わせは県のコールセンターへ

(例:ワクチンの違いによる特性、ワクチンの安全性・有効性、副反応など)

電話:0954-69-1105

受付時間:8時30分〜17時00分(土日・祝日も実施)

筆談での相談

Fax:0952-25-7268

受付時間:8時30分〜17時00分(土日・祝日を除く)

外国人向け(多言語相談)

電話:092-286-6823

受付時間:8時30分〜17時00分(土日・祝日も実施)

対応言語:英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、マレー語、ミャンマー語、クメール語、モンゴル語、シンハラ語、ヒンディー語、ベンガル語(計21言語)

ワクチンについての有効性や安全性、接種への不安や疑問などの問い合わせは国(厚生労働省)のコールセンターへ

電話:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

聴覚に障害のある方

一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。ホームページはこちら・・・一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ<外部リンク><外部リンク>

外国人向け

電話:0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間:言語の種類によって異なります。

※国のコールセンターに関する詳細はこちら・・・厚生労働省ホームページ<外部リンク><外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?