ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > がいこくじんのかたへ(外国人のかたへ) > 10言語でDVの相談ができます

本文

10言語でDVの相談ができます

記事ID:0002205 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

がいこくじんのかたへ

 国は、DV(一緒に住む人や付き合っている人から暴力をされること)の相談をすることができる「DV相談+」をはじめました。
 相談は、10言語ですることができます。
 詳しくは、下の内閣府ホームページを見てください。

 内閣府ホームページ「DV相談+」<外部リンク>
 ※言語を選ぶと、その国の言語で説明します。

対応言語

 英語 ・ 中国語 ・ 韓国語 ・ スペイン語 ・ ポルトガル語
 タガログ語 ・ タイ語 ・ ベトナム語 ・ インドネシア語 ・ ネパール語

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、DV被害の深刻化が懸念されています

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛や休業要請などが行われる中、生活不安やストレスにより、配偶者からの暴力(DV)の増加や深刻化が懸念されています。
 国では、DV相談体制を強化するため、4月20日から新たに「DV相談+(プラス)」を開始しています。
 電話番号:0120-279-889

 「DV相談+(プラス)」では、SNSやメールによる相談にも対応しています。
 詳しくは、内閣府ホームページをご覧ください。
 内閣府ホームページ「DV相談+」<外部リンク>

 また、佐賀県内にも様々な相談先がありますので、「暴力を振るわれている」「辛い」と感じたら、まずは相談しましょう。
 もし、周りに被害にあっている人がいたら、相談先があることをお知らせください。
 市ホームページ「STOP 女性への暴力」

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?