ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > スポーツ文化部 > スポーツ振興課 > 鳥栖スタジアムネーミングライツ契約締結について

本文

鳥栖スタジアムネーミングライツ契約締結について

記事ID:0001118 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

この度、鳥栖市と株式会社駅前不動産ホールディングスが鳥栖スタジアム(京町812番地)のネーミングライツ契約について締結いたしましたのでお知らせします。

鳥栖スタジアムネーミングライツ契約締結についての画像1鳥栖スタジアムネーミングライツ契約締結についての画像2

平成31年2月1日(金曜日)、鳥栖スタジアム インタビュー室にて契約締結式を行いました。

出席者

株式会社駅前不動産
ホールディングス  代表取締役社長 嶋田 聖
鳥栖市 鳥栖市長  橋本 康志 

立会人

株式会社サガンドリームス  取締役  谷村 修三

契約の概要

名称

駅前不動産スタジアム(略称:駅スタ)

(EKIMAE REAL ESTATE STADIUM )

名称使用期間 平成31年2月1日~平成34年1月31日(3年間)
契約金額 3年総額9,200万円 (消費税及び地方消費税別)

契約企業の概要

企業名 株式会社駅前不動産ホールディングス
本社所在地 福岡県久留米市東櫛原町2589-6
代表者 代表取締役社長  嶋田 聖
創立年月日 平成28年12月1日(平成7年3月10日株式会社駅前不動産)
資本金 2,000万円
従業員数 グループ全体:395名 ※2019年1月31日現在
事業内容 賃貸、売買仲介、管理、建築、リフォーム、買取、資産運用、保険、ホテル等

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?