ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 市民協働推進課 > 市の職員をかたる「還付金詐欺」にご注意

本文

市の職員をかたる「還付金詐欺」にご注意

記事ID:0002094 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示
<外部リンク>

 市の職員を名乗り、「医療費の還付金が発生している」「税制改正で、以前納めた税金が返ってくる」「受け取るには手続きが必要」などと言って、ATM(現金自動預払機)に誘導し、お金を振り込ませようとする『還付金詐欺』の相談が市に寄せられています。
 医療費などの還付金がATMで支払われることは絶対にありません。
 「お金が返ってくるので、携帯電話を持ってATMへ行くように」と言われたら『還付金詐欺』です。

鳥栖市消費生活センターへ寄せられた相談

 市の職員を名乗る男から、「医療費の還付金が3万円ほどある。通知を出していたが連絡がなかったため期限が切れてしまった。ATMで手続ができるので、ショッピングセンターのATMにキャッシュカードと健康保険証を持って行くように」との電話がかかってきた。

 ***その他、同様の相談が複数寄せられています!***
 市役所などの公的機関が、電話でATMでの手続きをお願いすることはありません。
 
また、ATMでは還付金などを受け取ることはできません。
 “携帯電話を持ってATMへ”と言われたら、それは詐欺です!

消費者庁イラスト集よりの画像
(消費者庁イラスト集より)

あやしいと思ったら、まずはご相談ください

 鳥栖市消費生活センター (鳥栖市役所1階 市民協働推進課内)
 相談電話:0942-85-3800
 相談時間:月~金曜日(祝日除く) 午前9時から午後4時まで

   ニセ電話詐欺などの情報(佐賀県警察本部ホームページ)<外部リンク>

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?